Cisco Japan Blog

SDN

  • SDN

    オープンソース コントローラ フレームワーク ― OpenDaylight (1)


    2014年2月8日 - 0 コメント

    日本時刻で2月5日水曜日の早朝(6時15分)、「Hydrogen Released」と本文内に大きく書かれた OpenDaylight のアナウンスメールが届きました。当初は去年の12月の早い時期にリリース予定だったのですが、少し遅れて正式にダウンロードと利用が可能になりました。2013年2月に OpenDaylight のプロジェクト メンバーが Santa Clara Marriot ホテルに集まってキックオフミーティングが開催されてから約一年、最初の成果がリリースされました。 Cisco Japan Blog の中でも、SDN、NFV、仮想化全般に関する記事がたくさん取り上げられていますが、OpenDaylight について触れられることがなかったので、正式リリースを祝して触れてみたいと思います。 SDN とコントローラ市場の背景 さて、すでに Software Defined Network(SDN)という概念は、コンピュータ/ネットワーク等 IT のどこか特定技術だけの議論ではない、注目のキーワードとなっています。SDN に関する定義は、人やベンダーによって異なる部分もありますが、最大公約数的に共通して理解されているだろう定義・認識を整理すると、次のようになります。 広義:「従来システムのネットワーク要素を抽象化し分割する、コンピュータ ネットワークを構築するアプローチ」(wiki より) 狭義:「(広義のアプローチを具体化するために)ネットワーク機器のコントロール プレーン、データ

    続きを読むright-arrow
    タグ:

  • SDN

    ネットワークアーキテクチャ考 (7) 「SDN と仮想化」


    2013年12月4日 - 0 コメント

    先日 SDN を取り上げたとき、SDN の狭義の定義は「Flow/Path Programmability」ではないか、と書きました。何もかもが“SDN”という文脈に絡めとられ用語が膨張して行くのは、市場の活性化にはよいのかもしれませんが、技術者としては気持ち悪く、どうにも傍ら痛い。

    続きを読むright-arrow
    タグ:

  • SDN

    ネットワークアーキテクチャ考 (4) 「SDN!」


    2013年7月15日 - 0 コメント

    SDN(Software Defined Networking)という言葉は、バズワード的な性質が強く、また市場も擾乱しており、個人やコンテクストによって意味することが異なるため、端的に書くのが難しい話題です。

    続きを読むright-arrow
    タグ:

  • SDN

    Segment Routing:SDN(Software-Defined Network)への影響

    この記事は Stephen Liu によるブログ「Segment Routing: Impact on Software Defined Networks」(2013/3/27)を翻訳したものです。 Segment Routing(SR)は、IETF における標準化のプロセスが進められている概念です。現実の実行環境へのリリースに向け、開発はついに最終段階に入りました。 SR は、ネットワークの状態に関して認識すべき情報を最小限に抑えつつ、拡張されたパケット転送処理を可能にするネットワーク技術で、 SDN(Software-Defined Network)でアプリケーション対応ルーティングを行うための必須要件(ネットワークのパフォーマンスを保証する厳しい基準、ネットワーク リソースの効率的な使用、アプリケーション ベースのトランザクションに対する高い拡張性など)を満たしています。 動作に必要となる拡張機能はごく少数(IS-IS と OSPF)であり、MPLS や IPv6 データ プレーンとの連動が可能であることに加え、L3VPN、VPWS、VPLS、E-VPN などといった MPLS の豊富なマルチサービス機能とも統合できます。 また、SR

    続きを読むright-arrow
    タグ:

  • SDN

    MPLS/イーサネット世界会議 2013:シスコのエンジニアリング部門最高技術責任者デビッド・ワードにインタビュー

    この記事は Stephen Liu によるブログ「Cisco CTO of Engineering David Ward from MPLS & Ethernet World Congress 2013」(2013/3/22)を翻訳したものです。 最近、SDN(Software-Defined Network)の注目度が高まっています。それを反映して、パリで開催された今年の MPLS/キャリア イーサネット/IPv6 世界会議には、SDN のコンポーネントも追加されました。 シスコの技術とオープン標準のポートフォリオでネットワークにプログラムによる制御とアプリケーション認識をもたらし、物理/仮想両方のドメインでハードウェアとソフトウェアの利点を活用できるようにすることを目指して Cisco ONE(Open Network Environment)の開発を進めるシスコにとっても、SDN は注目分野の 1 つです。 このカンファレンスで基調講演を行った、シスコのエンジニアリング部門最高技術責任者兼チーフ アーキテクトのデイビッド・ウォードに、会場で話を聞く機会を得ました。

    続きを読むright-arrow
    タグ: