Cisco Japan Blog
Share

Data Center Anywhere – シスコ 5G ショーケースで実施可能なデモ


2021年1月13日


2020年を皮切りに国内でも本格的な 5G のサービス展開が始まっています。高速・大容量通信として知られる 5G ですが、世間では携帯端末の 5G の無線規格への対応ばかりが注目されているように伺えます。

その一方で、5G サービスの中核を担うデータセンターでは肥大するトラフィックを支えるだけでなく、サービス要件に合わせたネットワークスライシングへの対応や超低遅延サービスの実現に欠かせない Mobile Edge Computing のためのネットワーク、コンピューティングリソースの分散と一元的な管理運用といった様々な課題に直面しています。

シスコ東京オフィス内にあるシスコ 5G ショーケースでは、5G のサービスを支えるデータセンターネットワークをよりシンプル化し、展開されるサービスに合わせたネットワークとポリシーをエンドツーエンドで展開可能な Cisco Application Centric Infrastructure(Cisco ACI)を用いたデータセンターファブリックを紹介しています。

5G ショーケースでのデータセンターネットワークの概要

5Gショーケースのデモでは、エッジデータセンターへのネットワーク機器の展開 (Remote Leaf) と トランスポートネットワークとのセグメントルーティング連携 (SR Hand Off) を体験していただけます。

本ブログでは、Cisco ACI の簡単なご紹介と各デモの特徴についてお伝えします。

Cisco Application Centric Infrastructure (ACI)

Cisco ACI はデータセンターのネットワーク基盤としてお使いいただけるSoftware Defined Network (SDN) 製品で、Nexus 9000 シリーズからなる Spine – Leaf の 2Tier 構成のファブリックと、その管理を行うコントローラ(APIC) から構成されています。

Cisco Application Centric Infrastructure

ACI はコントローラによるスイッチの集中管理や従来のネットワーク機器における各コンフィグをポリシーモデルとして抽象化し、コントローラを介してファブリック全体へ反映させる機能を提供しています。

これにより、ACI ファブリックへ接続される機器の種別 (ベアメタル、VM、コンテナ) を問わず、エンドツーエンドでのネットワークの構築とポリシーの展開を実現します。

さらに、AWS / GCP / Azure といったパブリッククラウド上でも ACI ファブリックを展開いただける「Cloud ACI」や複数の ACI  ファブリックをオンプレミス、クラウドの区別なく統合し拡張する「ACI Multi-Site」といった多岐にわたる拡張性を提供しています。

まさに、アプリケーションが展開・実行されているすべての環境に対してお使いいただける SDN 製品となっております。Cisco ACI の詳細については、弊社の Web サイトをご覧ください。

 

Cisco ACI : Remote Leaf

ACI は、5G のユースケースに求められるリアルタイムな処理・応答に向けた Mobile Edge Computing (MEC)の実現をサポートする機能である「Remote Leaf」 を提供しています。

ACI ファブリックを構成する要素の 1 つに、データセンター向けスイッチ製品である Nexus 9000シリーズがあります。Remote Leaf として必要最小限のスイッチ をエッジデータセンターに設置することで、セントラルデータセンター上の ACI ファブリックに自動的に組み込まれ、同一ファブリック内のスイッチと同様に管理・運用できるようになります。

もちろん、すでにセントラルデータセンターで作成済みの各種ポリシーも一切の変更なしにエッジデータセンター側のネットワークに適用することが可能です。

これによって、従来では敷設のたびにネットワーク要件に沿ったコンフィグ投入が必要であった工程を簡易化し、よりスピーディかつ柔軟なデータセンターネットワークのエッジ環境への展開を可能としています。

5G ショーケースではエッジデータセンターに対して新たにスイッチを敷設し、セントラルのデータセンターに統合するというシナリオを体験していただけます。

Cisco ACI Remote Leaf デモ

Cisco ACI : Segment Routing Hand Off

5G におけるトランスポートネットワークにおいて、サービスの要件に合わせたネットワークスライスを実現するソリューションとして Segment Routing (SR) が多く用いられています。5G ショーケースにおいても、弊社のクラウドスケールルータである NCS シリーズによる SR を実現しています。SR に関する詳細については、弊社のブログにてご確認いただけます。

ACI バージョン5.0より、SR によって実現されるネットワークスライシングとデータセンターネットワークとの連携を実現する「SR Hand Off」という機能が提供されています。

Cisco ACI セグメントルーティング Hand Off

SR Hand Offでは、ACI ファブリック内のスイッチとトランスポートネットワーク側のルータとの間で BGP の MPLS ラベルドユニキャストを行うことで、データセンター内の複数の VRF とトランスポートネットワーク上のスライシングされたネットワークとが紐づけされます。これにより、データセンターネットワークと SR によって構築されたトランスポートネットワーク間が統合され、サービス要件に沿ったネットワークポリシーのエンドツーエンドでの適用が可能となります。

5G ショーケースでは、Web GUI を用いてシンプルかつスピーディに展開されるデータセンター – トランスポートネットワーク間の SR 連携について実際のデモをご覧いただけます。

まとめ

ここまでご紹介させていただいた Cisco ACI の機能はほんの一部にすぎず、5G のサービスを支える DC ネットワークとして Cisco ACI をお選びいただくメリットについてもお伝えしきれておりません。

5G ショーケースでは、ご紹介させていただいたデモの他にも多数のコンテンツをご準備しておりますので、ぜひ足を運んでいただき Cisco ACI によるData Center Anywhere のコンセプトをご体験いただければ幸いです。

 

シスコ 5G ショーケースの詳細はこちら:
www.cisco.com/jp/go/5gsc

Tags:
コメントを書く