ISE

ISE 3.0 により、可視性を重視したネットワーク セグメンテーションでゼロトラストを実現する 3 つの方法

どこにいても、また、どのようなデバイスを使用しても働けるようになった今、リモートアクセスが急増しています。この結果、職場へのアクセス制御は煩雑になり、もはや手に負えなくなりつつあります。

2021年5月13日

アメリカ国防総省の接続準拠に関するイニシアチブを実現する 3 つの鍵

商用ベンダーはプレッシャーに対処することに長けています。しかし DoD を支援するとなると、常に革新性を追及すること、可能な限り兵士をサポートすること、国家安全保障の確保に貢献するために最善を尽くすことも重要です。

2019年2月14日

クラウド時代の階層型セキュリティ

映画「ダイ ハード」を覚えていますか。間違いなく最高のクリスマス映画ですね。 冗談はさておき、この映画とセキュリティのベスト プラクティスには大きな関連性があります。

2019年1月15日

Stealthwatch で WannaCry を防御

5 月 12 日の金曜日に、世界中のコンピュータ ユーザは、「WannaCry」と呼ばれる、インターネットで発見されたマルウェアによる非常に危険な新しい脅威に遭遇しました。

2017年6月2日

国防向けサイバーセキュリティ:ネットワークのセグメント化

この記事は、ディフェンス セキュリティ担当システム エンジニアリング マネージャーである Michael Overstreet によるブログ「Cybersecurity for Defense: Network Segmentation」(2016/5/11)の抄訳です。

2016年7月6日

ライセンス管理の手間と費用を大幅削減!アクセス ワイヤレス向け Cisco ONE

「アクセス ワイヤレス向け Cisco One」という永続ライセンスをご存知ですか?「今後、無線環境リプレイスにおいて、ライセンス更新費はかかりませんよ!」という素晴らしいソリューションです。今回は、これをご紹介します。 私は多くの大学様を担当しているのですが、これまでお客様から アクセスポイントのリプレイス時には本体価格だけでなく、ライセンスの更新費もあるから、想定していたよりも費用がかさむんだよね。ライセンス費用のほうが多いくらいだよ。 学生のために無線 LAN の範囲を広げたいんだけど、そのためにはアクセスポイント自身を購入するだけではなく、ライセンス負荷も同時に増えるんだよ。 シスコの管理製品を使って統合管理したいけど、その分もライセンス費用が発生するんだよね。 といったお声を頻繁にお聞きしておりました。 我々も、お客様に使い続けて欲しいにも関わらず上記のような課題を自分たちでは解決できず、非常に歯痒い思いをしてきたのです。しかし!ついに、この課題を解決する方法が登場しました。それが「 アクセス ワイヤレス向け Cisco One」です! Cisco One for Wireless…

2016年3月24日

実直さこそが最良の BYOD ポリシー

この記事は、Brett Belding によるブログ「Honesty is the Best BYOD Policy」(2013/10/23)を意訳したものです。 BYOD(個人所有デバイスの持ち込み)は、自分のデバイスが実際に会社のデバイスになるということでしょうか。プライベート データを管理するのは自分でしょうか、それとも会社でしょうか。個人のデバイスが業務用のデバイスにもなる場合、ワークライフ バランスをどのように維持するのでしょうか。どのようなデバイスでも会社はサポートしてくれるのでしょうか。 (more…)

2014年2月10日

ネットワークのアクセス コントロール方法への新しいアプローチ

ネットワークにおけるアクセス コントロールといえば、スイッチやルータ、ファイアウォールによる方法が一般的です。実際、IT 管理者を目指してネットワークの勉強を始めたとき、かなり早い段階でスイッチにおけるアクセス コントロール リスト(ACL)を学び、実際に利用したのではないでしょうか。 (more…)

2013年8月8日