intersight

Enterprise Full Stack Observability – シスコ 5G ショーケースで実施可能なデモ

フルスタックオブザビリティ (FSO) は、アプリケーションやインフラ、ネットワークと言ったさまざまな階層をすべて可視化し、問題の発生原因を特定し対処を行うまでの一連の動作を、連携された1つの管理プラットフォームで実行できるようにします。

2022年5月9日

導入済みのハイブリッドクラウドをフル活用できる製品が発売

「クラウドスマート」時代にシスコが提供するSaaS とクラウド最適化インフラの製品全体で一連の新製品について。

2021年9月27日

Intersight によるハイブリッドクラウド運用を解説

業界で最もシンプルかつスマートなクラウド運用プラットフォームの最新情報と、新しい関連サービスの詳細を、シスコが解説します。

2021年7月2日

クラウドに配慮してオーケストレーションを実現する Cisco Intersight Cloud Orchestrator

クラウドに配慮してオーケストレーションを実現する Cisco Intersight Cloud Orchestrator、そのメリットについてさらに詳しくご説明します。

2021年7月2日

Intersight Kubernetes Service(IKS)が利用可能に

Intersight Kubernetes Service(IKS)が利用可能になりました。Intersight Kubernetes Service は、インフラストラクチャ スタック全体で Kubernetes クラスタの管理作業をシンプルにし、お客様のコンテナ化の取り組みを促進することを目標にしています。

2021年5月13日

HashiCorp の Terraform に Cisco Intersight サービスを活用するには

Infrastructure As Code の手法を採用することで、I&O 部門はインフラストラクチャサービスの配信を別のソフトウェアプロジェクトとして捉え、アプリケーション開発者と同じベストプラクティスを活用することが可能になります。

2021年4月30日

UCS Director と Cisco Intersight – 相乗効果

シスコは、データセンターの自動化とプライベート クラウドの Infrastructure as a Service(IaaS)を実現するプラットフォームである Cisco UCS Director への投資と機能強化を継続しています。同時に、Cisco Intersight プラットフォームを活用して、UCS Director をご利用のお客様にさらに多くの価値と運用上のメリットを提供しています。

2019年4月12日

Cisco Intersight:専用インフラ不要のインフラ管理サービス

シスコでは 12,500 台の Cisco UCS サーバを使用しているため、常に管理を簡素化する革新的な方法を模索しています。現在、私たちのウィッシュ リストには、シスコ管理ソフトウェアと同じ機能を提供するクラウド サービスという項目が残っています。

2018年12月17日

Cisco Intersight – Cisco のオープン IaaS エコシステムの実装

新しいオーケストレーション機能と、サード パーティ システムをサポートするコネクタは、シスコがパートナー企業と一緒に開発に取り組んでいるオープン エコシステムが持つ可能性を示しています。

2018年7月10日

Cisco UCS に Cisco Intersight 対応した高密度、マルチノード サーバを発表!

5 月 31 日、新しい高密度、マルチノード サーバとなる Cisco UCS C4200 ラック サーバ シャーシと、Cisco UCS C125 M5 ラックサーバ ノードを発表しました。

2018年7月5日