Tag: サイバーセキュリティ

すべての IT リーダーが理解しておくべき、エンタープライズ ネットワークに関する 4 つの重要なトレンド

10 年前と比べると、現在のエンタープライズ ネットワークは驚くほどの変化を遂げています。しかも、その変化は加速し続けています。たとえば Gartner 社の予測によれば、クラウドプラットフォームにおける企業のエンタープライズ IT ワークロードは、2020 年から 2023 年までの間に世界全体で 2  倍に膨れ上がり、全ワークロードの 40% を占めると言われています。

2021年11月12日

SecureX オーケストレーションで Secure Email の機能を強化

現在、メール管理者は、ビジネスメールの侵害、ランサムウェア、マルウェア、フィッシングなどを日常的に管理する際に、データとレポートを最大限に活用する必要があります。また、そうしたデータやレポート、さらにメール自体を共有して、セキュリティ オペレーション センター(SOC)や他のチームが必要な対応を実施できるようにしなければなりません。

2021年5月10日

リモートワーク時のプライバシー対策トップ10

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府は「出勤者数の7割削減」を目指しテレワークを推奨していますが、「セキュリティ面」の不安などで実現が困難な状況です。そこで、セキュリティ面の不安を解消しリモートワークを促進するべく「リモートワーク時のプライバシー対策トップ10」を紹介します。

2021年2月4日

セキュリティ 重要インフラの核心に信頼を。

昨年末(2020 年末)から継続して、SolarWinds に起因するセキュリティインシデントが世間を賑わしており、米国 CISA などで現在も調査が続けられています。政府や重要インフラは攻撃者に狙われることが常態であり、また、攻撃が成功した場合の影響の大きさを改めて認識させられます。このような攻撃に対する防御策について考察しました。

2021年2月2日

テレワーク実施率とセキュリティ対策

政府は、「出勤者数の7割削減」を目指し、テレワークの実施を奨励しています。テレワークは、まさに経済対策と感染対策の両立に寄与しうる重要な手段です。私たちは、リテラシーの向上とともに必要なセキュリティ対策を行いながら、普及・進化させていくことが求められています。

2021年1月22日

統合、共有、自動化:シスコ サイバーソリューションが CDM に不可欠な理由

連邦政府のサイバーセキュリティはますます複雑化しています。重要データのインターネット共有が増える一方、ハッキング等サイバー攻撃も巧妙化し頻度も増加。連邦政府機関は、市民の重要データや軍事情報を確実に保護するために、最先端のサイバーソリューションを維持する必要があります。

2020年12月14日

脅威の緩和を目的とした総合的プログラム CDM の注目点

米国国土安全保障省(DHS)が推進する CDM(Continuous Diagnostics and Mitigation)プログラムは、米国の政府機関や地方自治体に劇的な変化を及ぼし始めています。CDM はフェーズ3となりセキュリティ管理と境界保護の方法が議論され、脅威の緩和のための総合セキュリティ構築の新たなチャンスが急拡大し始めています。

2020年12月14日

CDM:サイバーセキュリティの強化と IT の刷新を促す新たな取り組み

米国国会議事堂で、IT 業界、政府機関、連邦議会の関係者が一堂に会し、国土安全保障省で進行中の CDM(Continuous Diagnostics and Mitigation)プログラムについて話し合う機会がありました。CDM プログラムは現在フェーズ 3 に入っています。

2020年12月14日

Cisco Secure:よりシンプルなセキュリティで複雑さを克服

シスコは統合されたセキュリティプラットフォーム Cisco SecureX を軸に、数あるセキュリティポートフォリオの名称を Cisco Secure に変更し、個々の製品名レベルも刷新することでお客様のユーザエクスペリエンスをシンプルにし、成功を加速させ、現在そして未来に必要なセキュリティを実現します。

2020年11月9日

5G に関する 2 つのホワイトペーパーが公開されました!

近年、国内でも 5G サービスが順次開始され、5G に対する注目度はますますに高くなっております。そうした背景を踏まえ、シスコでは 5G に関するホワイトペーパーを、新しく 2 つ公開しましたのでご紹介いたします。

2020年11月6日