Cisco Umbrella

新しい調査報告書「Cisco Annual Internet Report(2018-2023)」を発表[後編 第 2 回目]

シスコは 今年 2 月、ネットワークに関する年次調査報告書「Cisco Annual Internet Report 2018〜2023」(以下、AIR )を発表しました。その日本語版公開を踏まえ、前/後編(後編は 2 回)の合計 3 回にわたり、その内容をお伝えします。本ブログでは、マルチドメインアーキテクチャに対応した4つの戦略的領域のうち、残り2つ「セキュリティ」、「チームの可能性拡大(エンパワーメント)」についてご紹介します

2020年7月21日

Cisco SD-WAN:シンプル、セキュア、スケーラブルなイノベーションで SASE を一気に実現

リモートワーク化とSaaSへの移行が加速する中、今日のWANセキュリティと機能は分散型のクラウド環境への対応が求められています。シスコは、業界初の完全統合型 SASE(Secure Access Service Edge)Cisco SD-WAN 17.2 リリースを発表。業界トップクラスのSD-WANと最先端のCisco Umbrellaクラウドセキュリティポートフォリオを統合しています。

2020年7月2日

SecureX が組み込まれた Umbrella で保護ツールの連携を促進

あらゆるネットワーク、エンドポイント、クラウド、あらゆるネットワーク、エンドポイント、クラウド、アプリケーションにわたり情報の一元化、自動化、セキュリティ強化を実現するシスコのセキュリティ プラットフォーム SecureX。侵害対策の強化にどのように役立つかについてご説明します。

2020年7月1日

シスコがセキュア アクセス サービスエッジへの 架け橋を築く

マルチクラウドへの移行でワークフォースの分散化が進むことにより、アプリケーションを安全かつ最適なパフォーマンスで利用できることが求められてきています。こうした環境下、企業の間ではSD-WANの導入が急速に広まっており、キャンパスからクラウド、エッジに至るまで、アクセスとセキュリティの管理方法を見直しが進んでいます。組織の 60% は、2021 年までにアプリケーションの大部分がクラウドに移行し、50% 以上のワークフォースがリモートワークに切り替わると予測しており、Gartner 社が提唱するセキュア アクセス サービスエッジ(SASE)のような新しいネットワーク/セキュリティのモデルが、「ニューノーマル」を管理するためのビジョンを提供しています。

2020年6月11日

リモートワークでは怪しいビデオ会議サービスにご注意を

前例のない危機的状況の中で、リモートワークを余儀なくされている状況が続いており自宅からビデオ会議サービスなどを利用してミーティングを行う事が増えてきているかと思います。残念ながら、このような状況下においてもサイバー攻撃者は常に攻撃の機会を探しています。 独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA)は4月23日に、あるビデオ会議サービスの非正規版が流通していると注意喚起を行いました。その非正規版のビデオ会議サービスをダウンロードすると、セキュリティ警告が表示され、表示先の電話番号に連絡するとサポート料金を請求されるというものでした。IPA からは、そのビデオ会議サービスをダウンロードする際には公式サイトのリンク経由でダウンロードする事を案内しています。

2020年4月28日

Umbrella SWGプロキシ認証でのポリシー制御とDuo Security の多要素認証で安全なリモートワーク

リモートワークやクラウドアプリケーション利用が増加し、ファイアウォールなどの境界セキュリティで守られた環境から、在宅勤務等で直接インターネットへのアクセスを行う状況が増えています。 こうしたリモートワークの需要が高まる中で不正サイトへ誘導するサイバー攻撃によって、クレデンシャルの漏洩や不正アクセスの被害が増えており、リモートワークでのセキュリティ対策が急務となっております。 今回は、Duoシリーズ第3回目としてUmbrella プロキシ認証でSAMLを使い、Duo Securityとの連携により認証時に多要素認証を組み合わせた安全なリモートワークを提供するためのUmbrellaとDuo Securityの設定方法を紹介させていただきます。

2020年4月28日

無償のセキュリティオファーを お客様のエンドポイントにも拡大

世界中が健康の危機に直面している現在、従来の「通常」は当たり前ではなくなっています。目まぐるしい状況の変化により、現在の私たちは、以前とはまったく異なる視点で私生活と仕事をとらえ直す必要に迫られています。これは企業についても同じです。現在、多くの企業が、全員ではないにしろ、大半の従業員を仮想ワークプレースに移行するという従来では考えられない一歩を踏み出そうとしています。企業が新たな「通常」に適応していく中で、急増したリモートワーカーとリモートデバイスのセキュリティ保護は依然として難しい課題です。

2020年4月14日

AV-TEST、セキュリティの有効性評価で Cisco Umbrella を 1 位に選出

多くのネットワーク セキュリティ プロバイダーは、脅威の検出と防御において自社が最も優れていると主張しています。しかし、それを自ら証明することはできるのでしょうか? AV-TEST が実施した最新の第三者調査『2020 DNS-Layer Protection and Secure Web Gateway Security Efficacy』レポートでは、セキュリティの有効性における業界リーダーとして Cisco Umbrella を選んでいます。

2020年4月6日

リモートワーカーの急増に伴い大幅に拡大されたシスコの無償セキュリティオファー

シスコの中核的価値の 1 つは、従業員、お客様、パートナーの皆様が助けを必要としているときに支援することです。現在、新型コロナウイルスの影響で、世界中の多くの人々がリモートでの作業を余儀なくされています。シスコでは、企業の従業員の皆様がチームのメンバーと連携して業務を継続できるように、Cisco Webex 無償特典を大幅に拡大しています。お客様の声にお応えしてこの特典を拡大し、リモートワーカーのセキュリティをいつでも、どこでも、あらゆるデバイスで守れるよう、3つの主要セキュリティ技術を対象として無償ライセンス数を拡大し、追加料金なしで使用数を増やせるようにしました。

2020年3月19日

Cisco Umbrella でクラウドの セキュリティを統合

シスコではこの 12 ヵ月あまりの間に Cisco Umbrella を新たな段階へと進めるための取り組みを始めました。

2019年12月3日