Categories: 脅威リサーチ

『Talos Takes』エピソード#71(NCSAM エディション):2021 年のランサムウェアを振り返る

『Talos Takes』の最新エピソードが公開されました。下のボタンをクリックして『Talos Takes』に登録し、最新エピソードをダウンロードするか、『Talos Takes』ページにアクセスしてください。

私たちが言うのも少し気が引けますが(いや、声を大にして言いましょう)、2021 年はランサムウェアの年となりました。セキュリティ関連の話題では、現在ランサムウェアが圧倒的トップに君臨しています。今年は石油パイプラインから穀物協同組合、病院、学校に至るまで、あらゆるものがランサムウェアの標的になりました。今週は、サイバーセキュリティ啓発月間の一環として Azim Khodjibaev が登場し、ランサムウェアを巡る今年の状況を総括します。LockBit 攻撃者へのインタビューの内容、「二重脅迫攻撃」の長所と短所、この 10 か月で学んだ防御のための教訓を Azim が語ります。

 

本稿は 2021 年 10 月 08 日に Talos Group のブログに投稿された「Talos Takes Ep. #71 (NCSAM edition): Reflecting on ransomware in 2021」の抄訳です。

 

TALOS Japan

Talos は、ネットワーク脅威の専門家集団です。Talos が提供する脅威インテリジェンスの情報は、既知および未知の脅威からお客様のネットワークを保護するためにシスコのセキュリティ製品によって活用されています。