中小企業向けイノベーションガイド

世界各国で中小企業によるイノベーションが盛んに行われています。
シスコではみなさまのイノベーションのためのソリューションやプログラムをご用意しています。

この記事は、英シスコでスモールビジネスを担当するソリューションアーキテクトであるPeter Shearman による記事「A small business guide to innovation の抄訳です。

イノベーションは、どこかで誰かが何かを変えたいという情熱を胸に抱いたときに生まれます。日常的なプロセスを円滑にするものから、人類を月に送り込むものまで、イノベーションの形も規模もさまざまです。ただ、これだけははっきりしています。イノベーションは単独では実現できません。

鍵を握るのは共同イノベーションだとシスコは考えます。そこでシスコは、あらゆる分野のお客様やパートナーと協力し、優れたアイデアを真に革新的なソリューションへと変えるための取り組みを行っています。多くの場合、共同イノベーションの中核を成すのは、創造性と俊敏性を備えた才能あふれる中小企業です。

大企業のパートナーとの共同イノベーションは難しいと思われるかもしれません。けれども、共同イノベーションは真のパートナーシップを結ぶきっかけとなり、大企業と中小企業の関係を築くうえでの焦点となるはずです。すでに、数多くのインスピレーションにあふれる中小企業が、シスコ独自のイノベーションプロジェクトを推進しています。

イノベーションに向いているのは中小企業

中小企業パートナーは、イノベーションに向けた取り組みに非常に適しています。俊敏性と柔軟性を備えているうえに、多くの場合専門知識が豊富で、情報も一元化されている点が差別化要因となるのです。

共同イノベーションは中小企業がもたらしてくれる価値の 1 つであり、活気にあふれています。実例となるケーススタディはたくさんありますが、その中から私が選んだ事例を 2 つだけ以下にご紹介します。

Fluidmesh Networks 社と共同で、公共交通機関をブロードバンドに接続

電車、地下鉄、バスなどの公共交通機関を利用した場合、乗車中の Wi-Fi 接続はうまくいかないのが常でした。シスコはこの状況を変えたいと考えていました。ただ、シスコの専門知識と既存のインフラストラクチャがあったとしても、業界最高水準のソリューションを開発するにはサポートが必要でした。

そこで見つけたパートナーが Fluidmesh Networks 社です。同社は、高速で移動する車両や列車など、環境が厳しすぎたり規模が大きすぎたりという状況においてブロードバンド接続を実現するための最先端のソリューションを提供しています。

シスコのパートナーシップと共同でのソリューション開発により、電車並みのハイスピードでソリューションの提供を始めることができました。このソリューションによって乗客のエクスペリエンスは一変し、公共交通機関の利用者数は大幅に増大して安全性も向上しました。幸いなことに、最終的には Fluidmesh 社をシスコグループの一員として迎え入れることができました。

amBX 社と共同で、行く道を照らす

現在、世界には約 120 億個の電球があります。電球を使って建物全体を照らすと莫大なコストがかかるうえ、電球が切れるたびに個々の電球を交換する手間がかかります。

英国のスタートアップ企業 amBX 社は、世の中の照明の使い方を変えるというビジョンを持っていました。同社は、照明を IoT に接続してリアルタイムのデータを使った高性能の照明制御を実現し、商業ビルのプロジェクト向けにスマートでコネクテッドな照明体験を生み出しています。

シスコのイノベーションセンター IDEALondonにおいて、当初は目立たない存在だった同社ですが、その後世界中の企業に利益をもたらすまでに成長しました。同社のビジョンとシスコの PoE ネットワークを組み合わせることで、修理コストや従来型の配線作業をなくし、照明環境の一新を図りました。

ところで、amBX 社のイノベーションはこれだけに留まりませんでした。世の中の照明の使用方法も変えようとしたのです。新たな開発成果は、人生を変えるようなものでした。たとえば同社の照明ソリューションと色彩の活用には、メンタルヘルス、睡眠パターン、生産性、総合的な心身の健康状態に効果があります。

中小企業でイノベーションを生む

Fluidmesh 社と amBX 社は、イノベーションに挑んで特に優れた成果をあげた中小企業の例です。とは言っても、画期的なソリューションを考案したり、独自のテクノロジーを開発したりしなければならないというわけではありません。

イノベーションとは、要するに変化のきっかけを作ることです。既存の製品やサービスを改善したり、生産性を向上させたり、破壊的な威力を持つデジタル化を前にして競争力を強化することと変わりません。

あらゆる中小企業がイノベーションを生み出すためのちょっとした工夫を、いくつかご紹介しましょう。

1 つは、イノベーションを決まった習慣にすることです。ビジネスの中でアイデアが生み出され公開されるルートを確保しましょう。チームに、斬新なアイデアを見出すことを基準とする目標を提示しましょう。この方法は、従業員を巻き込んでイノベーションを生みだすパイプラインを構築するために、創造性を喚起して目標を設定するうえで大いに役立ちます。

これまでいろいろと書かれてきた 2020 年の出来事から学ぶことがあるとすれば、コラボレーションが重要であるということです。優れたアイデアを真に革新的なソリューションに変えるには、従業員の声に耳を傾け、イノベーションプロセス全体に従業員を巻き込む必要があります。

また、社内ネットワークの外に目を向け、関係を築くことももちろん重要です。オープンな環境でイノベーションに取り組み、積極的にアドバイスを出し合えば、視野が広がります。より多くの、イノベーションを本当に必要としている人々の存在に気づくでしょうし、志を同じくするパートナーや人材に出会うことができます。これこそが、シスコの共同イノベーションの核心です。

最後に、イノベーションに投資することも重要です。新たなテクノロジーは、業務の改善に欠かせないパートナーです。テクノロジーの進歩に投資することは重要ですが、イノベーションにもしっかりと投資する必要があります。従業員が自身の専門領域以外のアイデアや考えに触れることができるよう、スキルアップや教育に投資することが大切です。

シスコの中小企業サポート

革新的であるためには、忍耐強さ、大胆な思考、そして実際に試してみることが必要です。シスコは、このことを誰よりよくわかっています。そこで、日々イノベーションを生み出すのに欠かせない要素をすべてまとめて中小企業に提供することを使命として掲げました。

そうして生み出されたソリューションの 1 つが DevNetです。適切なツールがあれば、誰もが開発者になれるという信念に基づいて設計されています。

DevNet は、コーディングとアプリケーションのテストについて学んでみたいと考えている人たちに、学習環境とサンドボックス環境を提供します。中小企業がイノベーションを新たなレベルに引き上げるうえで役立つはずです。なお、DevNet の場合も、最大の価値は共同イノベーションにあります。550,000 人の開発者で構成されるコミュニティと協力し、コードを活用、共有してより優れたソリューションを構築できるのです。

シスコが提供しているのは DevNet だけではありません。セキュリティや接続から、コラボレーション、常時稼働のコミュニティまで、あらゆる面で中小企業をサポートします。

何よりも、大胆に新しいアイデアを常に探し求め続けることこそが、ビジネスの成長の鍵となるのです。

シスコのサポートで真の差別化を実現する方法について、今すぐお問い合わせください。

ネットワーク、セキュリティ、コラボレーションを、最新のテクノロジーを駆使して効果的に実現することにより、競争の激しい今日の市場において、シスコはお客様の目標達成をサポートします。シスコの中小企業向けソリューションの詳細をぜひご確認ください。

中元 聡

中小規模ユーザ・スタートアップユーザ様向けのビジネス開発を担当。プロダクト/ソリューションのポートフォリオ、プロモーション、プログラムなどを手掛けると共に、ビジネスパートナー様、ユーザ様と共にデジタル時代におけるビジネスの創出を行っています。