Cisco Intersight と日立のストレージ:ストレージ環境と仮想環境のオーケストレーション強化に向けて統合

この記事は、Product and Solutions Marketing Team の Senior Marketing Manager である Bill Shields によるブログ「Cisco Intersight + Hitachi storage: Now integrated for better orchestration of storage and virtual environments」(2020/9/23)の抄訳です。

Cisco Intersight の新しい拡張機能と価値創出の一環として、このたび日立製品との統合の技術プレビューを発表できることを大変喜ばしく思います。統合により日立のストレージを活用し、VMware データストアを基盤として、データセンターのオーケストレーションを簡素化・自動化することが可能になります。

SaaS 管理プラットフォームである Intersight は、IT 運用のサイロ化を解消し、分散した異種コンピューティング環境全体で可視性、インテリジェンス、自動化を実現します。これにより、Cisco UCSCisco HyperFlexCisco Workload Optimization ManagerServiceNow、日立製ストレージなどのサードパーティ ソリューションにまたがる一元管理、ソフトウェア定義型自動化、組み込み分析機能を活用できるようになります。

日立製ストレージとの統合により、UCS、HyperFlex などのクラウド インフラストラクチャ、仮想化、ストレージドメインにわたって、日立ストレージインベントリの詳細やストレージ ダッシュボード ウィジェットを表示できるようになります。

また、今後数か月間に、Cisco Intersight の拡張機能や統合機能がさらにリリースされる予定です。

追加情報:

  • この統合ソリューションの機能について詳しくは、日立のブログをご覧ください。
  • 技術プレビューへの参加をご希望の場合は、シスコの担当者またはパートナーにお問い合わせください。

Share
小桧山 淳一

一環して、データセンター向け管理ソフトウェア製品を担当。オートメーション、サービスカタログ、マルチクラウド管理等の製品を担当。