Cisco Webex:前例のない非常事態に直面しているお客様をサポート

この記事は、シスコのチームコラボレーション グループの SVP 兼 GM である Sri Srinivasan によるブログ「Cisco Webex: Supporting customers during this unprecedented time(2020/3/2)の抄訳です。

今、リモートワークの導入が急激に進み、その需要はこれまでにない増加を見せています。世界中に発生している COVID-19(新型コロナウィルス感染症)に起因する状況のために、在宅勤務は権利として用意されているものではなく、必須のツールとなっているのです。

事実の確認

  • 中国にいる Webex ユーザと他国のオフィスとを接続している Webex バックボーンのトラフィックは、COVID-19 発生以来 22 倍に増加しています。
  • 同時期に日本・韓国・シンガポールのユーザ数が 4~5 倍に増加し、これらの国のユーザが Webex ビデオ会議に費やす平均時間が 2 倍になっています。
  • COVID-19 の影響を受けている国では、無料アカウントの登録率が発生前の 7 倍に増えています。

シスコの計画

イタリアやその他の国へのウィルス拡大に伴い、シスコは世界中のトラフィックの傾向と使用状況の監視を継続しており、変化するニーズに対応するための計画を策定してます。シスコが提供すべきことは、人々がどこからでも(自宅を含む)、いつでも、どのデバイスでも作業できるようにすることで、これによって常にチームとつながり、業務を継続できます。この市場をリードする立場であるシスコは、それを複数の方法で実現しています。

COVID-19 の影響を受けている国だけでなく、Webex を利用可能なすべての国(44 か国)で、Webex 無料アカウントの機能を拡張します。詳細はこちらをご覧ください。

追加される機能は以下のとおりです。(追加機能の提供は限定的となりますが、終了時期は未定となります。)

  • 使用時間は無制限
  • 1 会議あたり 100 名までの参加者をサポート
  • ダイヤルインを提供(VoIP 機能に加えてダイヤルインも可能)

さらにリモートワークが必要なこの時期、まだ Webex をご利用いただいていないお客様に対して、シスコパートナーおよびシスコ営業チームを通じて、90 日間の無料ライセンスを提供しています。またすでに Webex をご利用のお客様については、急速なニーズの変化に対応できるよう、追加費用なしで通常よりも多くのリモートワーカーをサポートできるように支援いたします。

世界規模でミーティング機能を拡張

シスコは会議の収容能力を世界中で増強し、米国とヨーロッパではその規模を拡大しています。早急に在宅勤務を拡張しなければならないお客様への対応のほか、非政府組織と協力して学校(およびその他の組織)での利用も可能にしています。

あらゆるニーズとビジネス継続性を 24 時間体制でサポート

シスコはお客様のビジネスニーズを満たせるように、24時間体制で対応しています。多くのクラウドサービスでは、インフラだけでなくネットワーク容量も、計画およびサイズは最大利用時に合わせて決定されます。シスコは、世界中の接続性を改善しており、通信事業者と協力することでラストマイルの接続性を確保し、エンドユーザと Webex クラウド間の遅延を削減してます。このような仕組みによって、香港にある Nestbitt Center や Expert Systems Limited と同様に、顧客に接続性と生産性を提供し続けています。

Nestbitt Center は、身体的および精神的な障害のある若年層を支援する組織です。香港のすべての学校の閉鎖が決定されると、Nestbitt Center もプログラムを中断しなければなりませんでした。そこでビデオ会議を活用することで、プログラムの提供を継続し、音楽・スピーチ・言語療法などの将来の治療サービスの展開を可能にしています。

また Expert Systems Limited は、ビジネス継続性を実現するために、在宅勤務とオフィス勤務を交互に行う 2 チームシステムを実装することにしました。毎日の物理的な接触が削減された一方で、これまでになく高いチーム エンゲージメントを体験しています。

シスコ中国チームの状況

シスコの中国チームも、Webex を使って合肥・杭州・蘇州・上海・北京といった都市から仕事を継続しています(Webex は Web 会議だけではなく、ビデオ会議、チャット、在宅勤務に最適なビデオ機器や電話機能などがあります)。この困難な状況にあって、彼らは仕事上の同僚という以上に、家族のように団結し、コミュニティや個々人と深くつながりあい、チームの高い精神と親密な関係を見せています。

最後に

シスコは世界中のどの企業よりも、このビジネスに長く携わっています。この困難な時を乗り切るために、できる限りの努力と準備をしています。これからも、リモートワークやそれ以外についても、見解、タイムリーな更新、実践的なアドバイスを提供し続けていきます。(関連資料については、下記をご覧ください。)

シスコはこの事態の影響を受けているすべての人々に配慮しています。

関連資料およびリモートワークを成功されるヒント

 

石黒 圭祐

2001 年シスコシステムズ入社。チャネル営業、製造・流通サービス担当のハイタッチ営業を経て2009年よりコラボレーション営業として活動。

業種・業界を問わず国内のお客様に「“自然と変えられる”新しい働き方」を提案・提言している。大阪府出身。大学では経済学・情報学を専攻。