Categories: 政府/自治体

ブロックチェーンがスマートシティを次のレベルに導く理由

この記事は、スマート+コネクテッド コミュニティ担当マーケティング ディレクターである Arvind Satyam によるブログ「Why blockchain will bring smart cities to the next level(2018/9/12)の抄訳です。

Heather Keleherと共著

Bitchin、Ethereum、その他の代替金融取引スキーマとして用いられる暗号化通信「ブロックチェーン」については、皆さんもおそらく聞いたことがあると思います。最近ではこの用語は、医療記録の保管やサプライ チェーンの監視など、より幅広いトランザクション追跡アプリケーションとも関連しています。

それではこのバズワードは、どのようなテクノロジーにより構成され、結びついているのでしょうか。それらはすべて「distributed ledger(分散型台帳)」と呼ばれる、より大きなテクノロジー バケットに分類されます。世界銀行によれば、「distributed ledger(分散元帳)」は「独立したコンピュータを使用して、それぞれの電子元帳の取引を記録し、共有し、同期させる」と説明されます。

これをさらに、掘り下げてみましょう。

  1. Distributed ledger technology(分散型台帳技術)は、同じレジャーまたはデータベースのバージョンを使用して、ネットワーク上に多様に配置されたコンピュータに分散されています。
  2. 各コンピュータは、トランザクションとデータを個別に更新、記録、検証します。
  3. 総勘定元帳のデータや中央権限をすべて管理する中央機関は存在しないため、ネットワーク コンピュータが取引で「コンセンサス」になったときに、元帳の変更や更新が行われます。
  4. システム全体にわたる元帳の複製と検証は、不可能ではないにせよ、情報のハッキングが非常に困難です。

したがって、分散型台帳技術の重要な機能は、「分散化」と「コンピュータ間のコンセンサス」の2つとなります。

スマートな都市のためのスマートな技術

未来の都市はスマートにつながり、インタラクティブです。未来の政府は市民の意見を聞き、決定に参加させます。分散型台帳技術は、市民と政府との間の、信頼できるコネクタとなる可能性を秘めています。通貨のみではなく、選挙結果、身元確認、食品生産などの検証から、いくつかの適正に市民を紐づけます。それは政府の透明性を高め、政府機関や市民の信頼と責任を構築します。そしてそれは、緊急の問題についての合意形成、日常的な官僚制プロセスの自動化、さらには民主主義の向上をサポートします。

分散型台帳技術は、政府のコストを削減し、トランザクションを加速し、セキュリティを向上といった効率をもたらす可能性があります。例えば、安全なデジタル識別は、データ侵害や不正行為を減らし、政府や医療システムにおける個人データ利用において、より詳細な把握に役立ちます。

3つの重要なアプリケーション分野でもう少し見てみましょう。

エンゲージメント:都市と市民をつなぐ

テルアビブでは、DigiTel居住者クラブは市民と市の政府との交流を促し、自分自身についてのより多くの情報を共有するために分散元帳を使用しています。その代わりに、DigiTelプラットフォームは都市サービス、イベントチケット、学校への早期登録、類似の利益を共有する隣人とのつながり、公共イニシアチブに関する情報、および他の都市サービスの割引を提供します。2013年の創業以来、DigiTelは200,000人以上のユーザーを抱えており、毎月約3,000人以上が加入しています。

投票:誠実な投票

私たちが選挙結果に疑問を呈する必要がなくなります。市民が投票所へのアクセスに障壁に直面しなければ、投票率は上がるだろうか?プロセスがデジタルで安全であれば、結果はより早くなるだろうか?2018年6月、ツーク市は、スイスで最初のブロックチェーン付き自治体投票を開催しました。 電子市民識別コード(eID)を使用して、市民は携帯電話で投票することができました。同様に、「ブロックチェーン国家」を目指すエストニアでは、市民の30%が、全国選挙のためにi-Votingプラットフォームを使用して投票しました。 電子機器による投票は、各選挙で推定11,000日の労働を節約します。システムは有権者を確認しますが、プライバシーを保護するため、投票者の名前を投票から除外します。

ヘルスケア:透明性の推進

健康に関する個人情報を保護します。インフォグラフィックは、医療のセキュリティ、プライバシー、透明性が最優先であることを示しています。エストニア市民は、どの医療従事者が自分のデータを使用しているのか、e-健康記録システムを使用しているのかを見ることができます。健康データの95%以上と処方箋の99%が電子化され、請求プロセスは現在100%電子化されています。 e-健康記録システムは、政府とNortal、Helmes、Guardtimeとの官民協力により、ブロックチェーン ベースのサービスを提供します。ドバイはまた、最初のブロックチェーンを動力とする政府を目指しています。エストニアと同様に、ドバイは全国的な「電子健康記録」システム(EHR)を作成するためにブロックチェーンを用い、医療へのアプローチを変えました。データへのアクセス時間を短縮し、重要な医療上の意思決定を行い、レコードを複数のノードに分散してセキュリティ侵害リスクを低減し、サービスプロバイダーと患者の、双方のコストを削減します。

より確かな未来を築く

分散型台帳技術の開発と適用はまだ始まったばかりです。しかし、それは大きな可能性を秘めています。 IoTと組み合わせることで分散型台帳は、都市をより安全に、つながり、信頼できる、効率的にすることができます。 Hyperledgerプロジェクトの統括委員会の一員として、シスコは他の組織と協力して、ネットワークに革命をもたらし、都市や市民のためのサービス提供を改善するための分散型台帳技術の可能性を研究しています。

シスコのブロックチェーン イニシアチブについては、こちらをご覧ください

シスコのSmart + Connected Communitiesのアプローチについては、こちらをご覧ください

Share
冲中 恒雄

2011 年 シスコに新卒入社。

入社後はシステムズ エンジニアとして、主に企業向けのネットワーク運用管理全般および製品を担当。

2016 年よりビジネス開発担当として、中小企業向けの市場開発に奮闘中。