Project Squared の歩き方

11月17日に開催された Cisco Collaboration Summit 2014 にてシスコは新しい働き方をコラボレーションから支援できるアプリ Project Squared を発表しました。 今回は「Project Squared で新しいコラボレーションを体験する」を目標にその参加方法と利用方法を解説します。

「プロジェクト」の変質とコラボレーション

社内外でのプロジェクトやチームでの働き方を考えたとき、求められるスピードが速くなっていると感じていませんか?このような仕事の進め方の変化は、コラボレーション ツールに求める特性にも影響を与えています。

 

これらの変化によって、私たちは「The Agile Worker (機敏な働き手)」という新しい働き方にシフトしつつあります。

 

いつでもどこでもどのデバイスでも、チームメンバーと常に作業し、資料を作成し、シェアする。そういった働き方です。

Project Squared 概要

シスコは、このような「The Agile Worker」をサポートするコラボレーション ツールのひとつとして、Project Squared を発表しました。モバイルや Web をプライマリとした、今までシスコが提供してきた企業内コラボレーション ツールとはタイプの異なる新しいサービスです。

Project Squared では、仮想の「ルーム」を作成してそこに人々が集まり、どこにいても作業の進捗を確認できるようにします。そこでは、非同期なコラボレーションのほかにも、必要に応じてビデオや資料共有を利用した同期(Sync Up)も利用できます。ルーム内での資料共有や閲覧には Box 社のサービスを利用しており、クラウドならではの便利さを体験できます。

Project Squared ができること

  • コラボレーションするためのルームを作成できます。

  • 電子メールアドレスでチームメンバーを「招待」できます。

  • メッセージを送受信し、ファイルをシェアできます。

  • ビデオ通話を 1:1 、複数ユーザ同時にできます。

  • WebEx 会議 にワンタッチで入室できます。

  • フィードバックを直接担当者に送信できます。

Project Squared へのご招待

Project Squared は、誰でも 無償で利用できます。そして、そのフィードバックをシスコに送ることができます。シスコはそのフィードバックを元に製品機能追加を即座に検討し、新たな機能を組み込み続けていきます。Project Squared を使用して感じたご意見をいただくことで、「新しい働き方」に向けて皆様と一緒に前進していければと考えています。

参加の間口の広さと機能開発の柔軟さ、新機能を即座に展開し常に進化するアプリを体験できるのは、今までのエンタープライズ向けコラボレーション ツールにはなかった特徴です。

まずは会社の電子メールアドレス、フリーのメールアドレスを使って、試してみませんか?使い方は簡単です。この後、各プラットフォームごとに、利用開始までの手順を紹介します。

Project Squared の利用 – iPhone / iPad

AppStore からProject Squared と入力して検索するか、下記の URL を開きます。

https://itunes.apple.com/jp/app/project-squared/id833967564?mt=8

 

 

Project Squared を使用開始]をタップします。

 

 

電子メールアドレスを入力し、[次へ]をタップします。

 

 

アカウント アクティベーションのための電子メールが届きます。[Activate]をタップするか、Confirmation Code をアプリに入力します。

 

 

通知およびマイクへのアクセス許可を聞かれるのでそれぞれ[OK]をタップします。

 

 

 

WebEx の予定表と統合する場合は、[カレンダーに接続]をタップします。

 

 

Project Squared の最初のルームは「Welcome」と書かれたご案内ルームになります。

 

i ]ボタンでルームへの設定や退出ができます。ただし、一度退出してしまうと他のルーム メンバーから再度招待されるまでルームに戻ることはできません。[ミュート]は、新規メッセージの通知をオフにするのに使用します。[お気に入り]は、ルームを管理するのに便利です。

 

設定]をタップして、プロフィール写真や名前を入力しましょう。

 

 

丸いアイコンをタップしてフルネームを入力し、写真を新規撮影するか既存の写真から選んで[完了]をタップします。

 

これでアカウントの作成が完了しました。

 

Project Squared の利用 – Android

Google Play から「Project Squared」と入力して検索するか、下記の URL を開きます。セットアップ方法は iPhone / iPad と同様です。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cisco.wx2.android&hl=ja

Project Squared の利用 – Web / Mac

FireFox または Chrome から下記の URL を開きます。

http://www.webex.com/projectsquared/

Sing up free]をクリックします。

 

 

電子メールアドレスを入力し、[Next]をクリックします。

 

電子メールの受信箱に電子メールアドレスの確認メールが届いたら、[Verify Email Address]をクリックします。

 

ブラウザに Project Squared のサイトが表示されますので、パスワードを設定します。パスワードには、6 文字以上の数字を含む文字列を指定してください。

 

ログイン画面が表示されるので、設定したパスワードを入力してサインインします。

設定タブからフルネームを入力してください。なお、Web 版・Mac 版は写真のアップロードに対応していません

 

 

2 回目以降のサインインには、下記のアドレスを直接利用してください。

https://web.projectsquared.com

 

Firefox では、H.264 を使って WebRTC ベースのビデオ会議ができます。フルスクリーン、資料共有など、 ブラウザのビデオチャットアプリの概念にとらわれず、複数拠点も含む「ビデオ会議」が実施できます。

Mac 版のインストール

Mac にはクライアント アプリケーションが用意されているので、下記の URL から Mac をクリックして .dmg ファイルをダウンロードしてください。

https://download.projectsquared.com

あとは指示に従ってインストールします。

Web 版で作成したアカウントの情報を入力して、サインインし、利用してください。

 

Project Squared 情報交換ルームにご参加ください

Project Squared は「コラボレーション」のサービスなので、アカウントを作っても周りに利用者がいなければ「楽しく」ないし仕事の生産性も上がりません。電子メールアドレスで仲間を「招待」してください。

日本語での情報交換のためのルームを作成しましたので、ぜひ、実験に参加してください。 Project Squared をインストールしてアカウントのセットアップができたら、次に示す手順に従って、yuki.cisco@gmail.com 宛てにセットアップできたよ、とメッセージをください。ルームにご招待します。

Web 版・Mac 版

+]をクリックし [名前またはメールにより人を追加] に yuki.cisco@gmail.com を入力します。

 

メッセージ本文を入力し、エンターを入力します。これでメッセージを送信できます。

 

iPhone ・iPad ・Android版

+]をタップして「作成」画面を表示し、宛先に yuki.cisco@gmail.com と入力します。

メッセージ本文を入力したら右三角をタップしてください。これでメッセージを送信できます。

フィードバックにご協力をお願いします!

モバイルのクライアントでは設定から「フィードバックを送る」、Web/Mac クライアントでは「フィードバック」アイコンから、気がついた点、欲しい機能、不具合の報告をすることができます。入力途中の文字列で既存の「ヘルプ」にマッチする内容があれば共通の質問に表示されます。

まとめ

Project Squared は、既存の概念にとらわれない新たなコラボレーションツールとして進化し続けています。現在提供されているバージョンも進化の途上になります。まずはダウンロード、あるいは Web 版で試してみてください。

岩岸 優希

ソリューションズ システムズ エンジニアリングに所属するテクニカルソリューションズアーキテクト (TSA)。Cisco Unified Communications Manager および Cisco Jabber などのコラボレーション製品を担当。

シスコへは 2001年 4月に新卒として入社。日本市場向け製品開発を主としたアライアンスによる共同開発、VoIP 相互接続などに携わった後、現在はソリューション開発を担当。

誰も触っていない新しいソリューションに挑戦することがモットー。

北海道出身、大学では応用数学を専攻。趣味は中国語会話、東直己さんの小説を読むこと。

Blog アドレス : http://cs.co/yiwagish

テクニカルソリューションズアーキテクト(TSA)についてテクニカルソリューションズアーキテクト(TSA)とは、シスコの中で技術系のスペシャリストとして

認定されたシステムズエンジニアにのみ与えられる称号です。

TSA はそれぞれが専門とする技術領域を持ち、高度化・複雑化するお客様のシステムの提供に貢献するのみならず、

課題解決に役立つ先進的なアーキテクチャを構築、シスコパートナーエンジニアとともに業界内外へ展開することを目指している技術者達です。