Tag: 脅威

ウクライナで GoMet バックドアを使用した攻撃を確認

概要 ロシアのウクライナ侵攻が始まって以来、ウクライナの人々は大量のサイバー攻撃にほぼ絶え間なくさらされてきました。Cisco Talos はウクライナの組織と協力して、かなり特殊なマルウェアがウクライナを標的にしていることを発見しました。この攻撃では大手ソフトウェア開発会社が標的になっています。

2022年8月5日

Transparent Tribe の最近の攻撃で、教育機関や学生が新たな標的に

Cisco Talos は、Transparent Tribe APT グループによる新しい攻撃を追跡しています。同グループは従来、政府機関を主な標的にしてきましたが、新たな攻撃ではインド亜大陸の教育機関や学生が標的になっています。

2022年7月25日

ダークウェブ上のランサムウェアドメインの匿名性解除

Talos は、パブリック IP アドレスでホストされているランサムウェア攻撃者のダークウェブサイトを特定する手法を開発し、これまで謎に包まれていたランサムウェアグループ DarkAngels、Snatch、Quantum、Nokoyawa のインフラを明らかにしました。ここでは、その 3 つの手法を紹介します。

2022年7月6日

Avos ランサムウェアグループが新たな攻撃手段で勢力を拡大

最近のインシデント対応業務で、AvosLocker による一連の攻撃が 1 か月にわたって展開されたことが確認されました。攻撃に使用されたツールは、Cobalt Strike、Sliver、市販のネットワークスキャナーなどさまざまです。

2022年6月28日

ランサムウェアグループ「BlackByte」が世界中のユーザーを攻撃

ニュースの概要 Cisco Talos は、BlackByte というランサムウェアグループを数か月間監視してきました。北米、コロンビア、オランダ、中国、メキシコ、ベトナムなど、感染は世界中に広がっています。

2022年5月26日

バングラデシュも Bitter APT の標的に

Bitter APT と思われるグループが、バングラデシュの機関を標的にして継続的に攻撃を仕掛けていることが 2021 年 8 月から確認されています。バングラデシュは、これまで同グループの標的にはなっていませんでした。

2022年5月23日

脅威アドバイザリ:F5 BIG-IP の「緊急」の脆弱性

概要 F5 Networks 社の BIG-IP に脆弱性があることが最近公開されました。この脆弱性がエクスプロイトされると、未認証の攻撃者が BIG-IP システムにアクセスして、任意のシステムコマンドの実行、ファイルの作成および削除、サービスの無効化を行う危険性があり、それによってさらなる悪意のあるアクティビティが行われる危険性があります。

2022年5月19日

TeamTNT が AWS と Alibaba 社を攻撃

セキュリティ研究者が TeamTNT グループのスクリプトを公開して以来、スクリプトの改変が積極的に進められています。主な標的は Amazon Web Services ですが、オンプレミス、コンテナ、その他の形式の Linux インスタンスでもスクリプトを実行できます。

2022年5月7日

注目の脅威:「Haskers Gang」が新種のマルウェア「ZingoStealer」をリリース

更新(2022 年 4 月 14 日):このブログを最初に公開した後、Haskers Gang の Telegram チャンネルで新しい投稿を確認しました。ZingoStealer プロジェクトの所有権を新しい攻撃者に移していることが発表されています。また、ZingoStealer の作成者がこのマルウェアのソースコードを 500 ドル(交渉可)で販売すると提案していることも確認されました。

2022年4月29日

イラン政府とつながりがある攻撃グループが「MuddyWater」として集結

Cisco Talos は、トルコなどのアジア諸国を標的とした新しいサイバー攻撃を確認しました。攻撃を実行しているのは、MuddyWater という APT グループの傘下で活動している複数の攻撃グループである可能性が高いと考えられます。米国サイバー軍は先ごろ、MuddyWater の背後にいるのはイランの情報安全保障省(MOIS)だと指摘しています。

2022年3月28日