特集

注目のセキュリティ研究者:Asheer Malhotra が脅威ハンティングで即座に満足感を得る方法

リバースエンジニアリングが趣味だったインド出身研究者が、わずか数年で講演者に Asheer Malhotra の仕事の 90% は日の目を見ることはありません。それでも、新しいものを探し続けるモチベーションを保っていられるのは、世間に認められる 10% があるからです。

2022年9月13日

注目のセキュリティ研究者:Nick Biasini と巡るセキュリティの世界

Nick Biasini は、セキュリティに精通しています。セキュリティ業界で 20 年近くのキャリアを持ち、Cisco Talos がこれまでに対応した中でも特に規模の大きい案件をいくつも経験してきました。世界的イベントであるオリンピックへの攻撃、数十万台のデバイスに被害を及ぼしたワイヤレスルータマルウェア、史上最大級のサプライチェーン攻撃などです。こうした重大なインシデントが発生したときに最前線に立って報道各社やユーザー、お客様に対応してきたのが Biasini です。

2022年7月12日

ハイブリッドで働く従業員とクラウドの仕事量のネットワーク エクスペリエンスをシンプルかつ 最適に

シスコのプラットフォームを活用すれば、業界をリードする Catalyst スイッチとアクセスポイントに新たなネットワーク インテリジェンスがもたらされます。Meraki クラウドダッシュボードと Cisco DNA Center が提供するこのネットワーク インテリジェンスにより、ハイブリッド クラウド アプリケーションとハイブリッドワークプレイスの運用が大幅にシンプルになります。

2022年7月4日

脅威情報ニュースレター(2022 年 6 月 16 日):Cisco Live の 3 つのキーポイント

今週も脅威情報ニュースレターをお届けします。Cisco Live の興奮がまだ冷めやりません。ご来場いただいた皆様と 1 年半ぶりに親交を深めることができて感無量でした。 

2022年6月24日

EMEA 向け月例 Talos Threat Update:ビジネスメール詐欺

『EMEA 向け月例 Talos Threat Update』の最新版は、Cisco.com と Cisco の YouTube ページで公開しています。こちらにもエピソード全体を掲載していますのでどうぞご覧ください。

2022年6月17日

脅威情報ニュースレター(2022 年 6 月 9 日):Cisco Live のご案内

今週も脅威情報ニュースレターをお届けします。先週に続き、今週も別のカンファレンスが開催されます。現在、Cisco Live に参加するため、サンフランシスコから数マイル南東のラスベガスに向けて移動しているところです。RSA カンファレンスでは、安全かつ健康の心配もなく皆様に楽しんでもらえたと思っていますが、まだこれで終わりではありません。

2022年6月17日

5 月 27 日 ~ 6 月 3 日の 1 週間における脅威のまとめ

本日の投稿では、5 月 27 日~ 6 月 3 日の 1 週間で Talos が確認した最も蔓延している脅威をまとめています。これまでのまとめ記事と同様に、この記事でも詳細な分析は目的としていません。脅威の主な行動特性やセキュリティ侵害の指標に焦点を当て、シスコのお客様がこれらの脅威からどのように保護されるかについて説明しています。

2022年6月10日

注目のセキュリティ研究者:Martin Lee(Talos 戦略的コミュニケーション、EMEAR リーダー)

セキュリティコミュニティでサイバーセキュリティや脅威インテリジェンスの起源が話題になると、たいていは第二次世界大戦で暗号を解読した研究者たちや 1970 年代に開発された「The Creeper」というソフトウェアの話になります。

2022年6月9日

脅威情報ニュースレター(2022 年 6 月 2 日):RSA カンファレンスのご案内

今週も脅威情報ニュースレターをお届けします。読者の皆様の中には、サンフランシスコで来週開催される RSA と、ラスベガスで再来週に開催される Cisco Live を心待ちにしている方も大勢いらっしゃるかと思いますので、耳寄りな情報をお届けします。 

2022年6月9日

脅威情報ニュースレター(2022 年 5 月 26 日):大物狙いのランサムウェアグループ「BlackByte」にご注意

今週も脅威情報ニュースレターをお届けします。先日、米国で痛ましい事件が起きてしまいました。思い出にふけったり気の利いたことを言ったりするのもどうかと思いますので、前置きは割愛してセキュリティニュースをご紹介いたします。 

2022年6月3日