IBN

シンプルなプロセスで、ネットワーク運用を中断することなく Cisco Prime Infrastructure から Cisco DNA Center に移行

Cisco Prime Infrastructure から Cisco DNA Center への移行が簡単になりました。デジタル トランスフォーメーションを加速し、ネットワーク全体で自動化、分析情報、セキュリティを活用する方法をご確認ください。

2021年12月20日

職場のレジリエンス:安全なオフィス勤務再開に向けて

従業員や顧客のため、安全な職場環境を構築することが必要不可欠であると多くの組織は痛感しています。安全で生産性の高い環境を維持するための鍵となるネットワーキング テクノロジーについてぜひご覧ください。#2021NetworkingTrends ブログシリーズでは、従業員が職場に安全に戻るための方法についてご紹介しています。

2021年2月26日

ビジネスレジリエンス:マルチクラウド戦略を成功させるために 考慮すべき 5 つのポイント

予測不可能な現代、IT リーダーはビジネスの復元力を向上させるためマルチクラウドサービスを導入しています。マルチクラウド戦略を成功させるための最新のネットワーキング トレンドをご覧ください。

2021年2月18日

新しい調査報告書「Cisco Annual Internet Report(2018-2023)」を発表[後編 第 2 回目]

シスコは 今年 2 月、ネットワークに関する年次調査報告書「Cisco Annual Internet Report 2018〜2023」(以下、AIR )を発表しました。その日本語版公開を踏まえ、前/後編(後編は 2 回)の合計 3 回にわたり、その内容をお伝えします。本ブログでは、マルチドメインアーキテクチャに対応した4つの戦略的領域のうち、残り2つ「セキュリティ」、「チームの可能性拡大(エンパワーメント)」についてご紹介します

2020年7月21日

新しい調査報告書「Cisco Annual Internet Report(2018-2023)」を発表[後編 第 1 回目]

シスコは 今年 2 月、ネットワークに関する年次調査報告書「Cisco Annual Internet Report 2018〜2023」(以下、AIR )を発表しました。その日本語版公開を踏まえ、前/後編(後編は 2 回)の合計 3 回にわたり、その内容をお伝えします。本ブログでは、マルチドメインアーキテクチャに対応した4つの戦略的領域のうちの「アプリケーションの見直し/進化」と「インフラストラクチャの変革」についてご紹介します。

2020年7月17日

エンタープライズ向けの新たなワイヤレス分野:5G、Wi-Fi 6、および CBRS

2019 年には、キャリアベースのモバイル接続(LTE および 5G セルラー)と免許を取得しないノマディック ネットワーク(Wi-Fi 6、または 802.11ax とも呼ぶ)の両方が、2 つの重要な分野(無線信号の符号化とスケジューリング)に収束されます。両方の新しいワイヤレス システムは同じ方法を使用して、より多くのユーザとデータをそれらが使用する周波数に取り込むため、各ベース ステーションまたはアクセス ポイントはより多くのデバイスと同時にやりとりできます。

2019年4月5日

WAN 向けインテントベース ネットワーキングの次のステップ

シスコが、WAN 向けインテントベース ネットワーキングへの道のりに、また新たなマイルストーンを築きます。

2018年10月15日

インテントベース ネットワーキングと DNA Center

これまで取り組んできた SDN(Software Defined Networking)から、最近のキーワードの 1 つでもある IBN(Intent-Based Networking)への流れを、企業・組織向けネットワークの観点から振り返ってみることで、シスコの方向性を少しでも具体的に説明します。

2018年7月23日