DDoS

複数のランサムウェアのデータリークサイトで DDoS 攻撃による断続的な停止と接続障害が発生

2022 年 8 月 20 日以降、Cisco Talos は、分散型サービス拒否(DDoS)攻撃の疑いがある活動を監視しています。影響を受けたのはサービスとしてのランサムウェア(RaaS)のデータリークサイトで、断続的にダウンタイムとサービス停止が生じています。

2022年9月21日

Forrester 社は Radware を DDoS ソリューションリーダに選出

Radwareは、Forrester Research(フォレスターリサーチ)社の「Forrester Wave™: DDoSソリューション 2021年度第1四半期版」において、DDoSソリューションのリーダーに選出されるという栄誉を受けました。さらに、Radwareは、フォレスター社のレポートにおいて、現在提供中の製品部門で最高スコアを獲得しました。

2021年5月13日

ガートナー RadwareをAPI & High Securityユースケースで1位にランク付け

ガートナー社における最新の「2020 年アプリケーション& API 保護のための重要な能力レポート(2020 Critical Capabilities for Application & API Protection report)」において、4 つのユースケースのうち 2 つのユースケース( API では 3.57/5 、ハイセキュリティユースケースでは 3.66/5…

2020年12月24日

グローバルランサム DDoS キャンペーン

8月中旬以降、Radwareは "Fancy Bear"、"Armada Collective"、"Lazarus Group"を装った脅威行為者からの恐喝行為(ランサムDDoS)を確認しています。これらはEメールで配信されており、通常、AS番号や、要求が満たされなかった場合に標的とするサーバやサービスのIPアドレスなど、被害者固有のデータが含まれています。これは世界的なキャンペーンで、APAC、EMEA、北米の金融、旅行、Eコマースの組織からの脅威が報告されています。

2020年11月2日

2020 ランサムDDoSキャンペーンの状況

RadwareとFBI は世界中の金融機関などを標的にした世界的なランサム DDoS キャンペーンについてアラートを発した。Radwareは、世界中の組織からの新たな恐喝メールが増加していることを目撃している。ランサムDDoSのトレンドや APT38, Lazarus, Fancy Bear などの犯罪グループについて記載。

2020年10月16日

マシンラーニングで守るセキュリティ対策とは

セキュリティ脅威は日々絶えることなく世界中で増加しつつ高度化しています。 情報漏えいが発生した場合、多大な被害コストが想定され、リモートワークに欠かせないVPN終端装置やVDIサーバへの攻撃の増加も発生しています。 シスコがOEMで提供するラドウェア社によるマシンラーニングを活用したユニークなアーキテクチャで守るセキュリティ対策をご説明いたします。

2020年9月14日

サプライチェーンセキュリティへの対応

サイバー犯罪でターゲットにされるのは大企業も中小企業も同じで、連携する組織間でセキュリティ対策レベルが低いところが狙われています。業務委託先に対してもセキュリティの徹底を求め、ビジネスパートナーと連携したサプライチェーンセキュリティ対策を講じていくことが重要視されています。シスコはサプライチェーンセキュリティの向上に取り組む中小企業を Cisco Designed で支援。Firepower (とASA/AnyConnect)、Duo Security、Umbrella、AMP for Endpoints も含まれた新ブランドです。

2020年9月2日

ハイパーコネクティビティ時代のネットワーク セキュリティ:広範に、先を見越して、粘り強く

今日のデジタル コンテンツ保護は困難さを増しています。エンドポイントと広域ネットワーク(WAN)の増加に伴い、保護する対象がこれまでになく増えたためです。

2017年9月20日

中国の booter の特徴:中国語のオンライン DDoS プラットフォームの台頭

この数カ月、Talos はオンライン DDoS サービスを提供する中国の Web サイト数の増加に気が付きました。

2017年8月23日

2017 年 VNI による詳細予測に関するブログ:分析、戦略化、デジタル化

ほとんどのサービス プロバイダーの「ウォッチ リスト」に含めるべきネットワーキングとインターネットの 3 つのトレンドをご紹介します。

2017年8月1日