Cisco Tetration

ラテラルムーブメントを防ぐには? 〜マルチクラウド時代のマイクロセグメンテーション〜

セキュリティ侵害の7割で攻撃者のラテラルムーブメントにまで発展していると言われています。ラテラルムーブメントに対してはアプリケーションが必要とする最低限の通信以外は一切許容しない、所謂マイクロセグメンテーションによる防御が非常に有効な対策となります。Cisco Secure Workload(以下CSW)はリリース当初から一貫してマイクロセグメンテーションの有効性とその実現方法について発信してきました。

2021年5月18日

トロイの木馬・バックドア「SUNBURST」に初期対応できる Cisco Secure Workload

Cisco Secure Workload は、侵害資産の特定と、ネットワーク制限の適用(分散型ファイアウォールの一元的な自動運用により、ワークロードレベルでネットワークトラフィックを制御)という両方の初期ステップに対応できます。Cisco Secure Workload は、可視性や対応速度を高めた効率的なセキュリティ態勢を実現します。

2021年1月29日

Azure のための Cisco セキュア クラウド アーキテクチャ

パブリッククラウドの普及により、アプリケーション中心の環境を簡単に構築できるようになりました。クラウドアプリケーションの俊敏性、迅速な展開、拡張性、高可用性の実現に大きく役立つのが、クラウドネイティブの Microsoft Azure です。シスコは、クラウドネイティブのセキュリティ機能に加え、可視性、セグメンテーション、脅威対策といったセキュリティも実装することを推奨しています。詳細をぜひご覧ください。

2020年9月18日