Tag: 自動化

Network Slicing / xHaul – シスコ 5G ショーケースで実施可能なデモ

5G の要件も含めて、さまざまな要件が重畳されるネットワークでは ネットワークをスライシングする技術が必要になる場合があります。IP ネットワークの簡素化についてシスコでは、セグメントルーティングと呼ばれる技術を提唱してきました。セグメントルーティングは、ネットワークスライシングとも親和性の高い技術であり、5G ショーケースでは MPLS および IPv6 の2つの方式でのセグメントルーティングを用いてネットワークスライシングを実現しています。

2022年4月8日

SecureX オーケストレーションで Secure Email の機能を強化

現在、メール管理者は、ビジネスメールの侵害、ランサムウェア、マルウェア、フィッシングなどを日常的に管理する際に、データとレポートを最大限に活用する必要があります。また、そうしたデータやレポート、さらにメール自体を共有して、セキュリティ オペレーション センター(SOC)や他のチームが必要な対応を実施できるようにしなければなりません。

2021年5月10日

Network Slicing – シスコ 5G ショーケースで実施可能なデモ

本記事では、シスコの 5G トランスポートドメインで使用しているセグメントルーティングを用いたネットワークスライシングの概要と 5G ショーケースで公開しているデモをご紹介します。

2021年1月21日

統合、共有、自動化:シスコ サイバーソリューションが CDM に不可欠な理由

連邦政府のサイバーセキュリティはますます複雑化しています。重要データのインターネット共有が増える一方、ハッキング等サイバー攻撃も巧妙化し頻度も増加。連邦政府機関は、市民の重要データや軍事情報を確実に保護するために、最先端のサイバーソリューションを維持する必要があります。

2020年12月14日

CDM:サイバーセキュリティの強化と IT の刷新を促す新たな取り組み

米国国会議事堂で、IT 業界、政府機関、連邦議会の関係者が一堂に会し、国土安全保障省で進行中の CDM(Continuous Diagnostics and Mitigation)プログラムについて話し合う機会がありました。CDM プログラムは現在フェーズ 3 に入っています。

2020年12月14日

Cisco SD-WAN:シンプル、セキュア、スケーラブルなイノベーションで SASE を一気に実現

リモートワーク化とSaaSへの移行が加速する中、今日のWANセキュリティと機能は分散型のクラウド環境への対応が求められています。シスコは、業界初の完全統合型 SASE(Secure Access Service Edge)Cisco SD-WAN 17.2 リリースを発表。業界トップクラスのSD-WANと最先端のCisco Umbrellaクラウドセキュリティポートフォリオを統合しています。

2020年7月2日

アメリカ国防総省の接続準拠に関するイニシアチブを実現する 3 つの鍵

商用ベンダーはプレッシャーに対処することに長けています。しかし DoD を支援するとなると、常に革新性を追及すること、可能な限り兵士をサポートすること、国家安全保障の確保に貢献するために最善を尽くすことも重要です。

2019年2月14日

評価版 Cisco NSO を使ってみよう

2018 年 9 月より、非商用ネットワーク向けの評価目的で Cisco NSO(Network Services Orchestrator)が無償で公開されています。

2018年11月6日

大規模ネットワークに向けた Cisco ASR 9000 の強化

インターネットの幅広い普及は、ただただ驚くべきことです。2018 年にはインターネット ユーザ数が 36 億人となり、世界人口の半分を超えました。Cisco VNI によると、2016 ~ 2021 年の期間における IP トラフィック全体の年平均成長率(CAGR)は 24 % に達すると予測されます。

2018年10月4日

Malware monitor:PyREBox を活用したマルウェア分析

2017 年 7 月に Talos は、Python Scriptable Reverse Engineering Sandbox(PyREBox; Python スクリプトで操作できるリバース エンジニアリング サンドボックス)をオープン ソース ツールとして公開しました。

2018年4月24日