電子メールセキュリティ

クラウド電子メールインフラの課題への対応

シスコは、クラウド電子メールセキュリティ市場における課題解決ソリューションとして Cisco Mailbox Defense を発表。これはMicrosoft 365 メールボックスを管理可能なクラウドネイティブのCESS ソリューションで、可視性・シンプルさ・統合の 3 つの基本原則に焦点を当てて設計されています。

2020年11月16日

サプライチェーンセキュリティへの対応

サイバー犯罪でターゲットにされるのは大企業も中小企業も同じで、連携する組織間でセキュリティ対策レベルが低いところが狙われています。業務委託先に対してもセキュリティの徹底を求め、ビジネスパートナーと連携したサプライチェーンセキュリティ対策を講じていくことが重要視されています。シスコはサプライチェーンセキュリティの向上に取り組む中小企業を Cisco Designed で支援。Firepower (とASA/AnyConnect)、Duo Security、Umbrella、AMP for Endpoints も含まれた新ブランドです。

2020年9月2日

強力なセキュリティを簡単に実現:困難な理想に向けたシスコの挑戦

6月に発表してからすでに 9,000 社のお客様に採用されるなど、大反響の「Cisco SecureX」。エンドポイント、ネットワーク、電子メール、クラウドセキュリティの各分野で最先端を行く技術や管理・分析機能で、ゼロトラスト環境を可能にする新しい統合セキュリティプラットフォームです。先日発表された内容を詳しく紐解きましたので、ぜひご覧ください。

2020年7月9日

Cisco E メールセキュリティと SecureX:電子メールの脅威と不必要な複雑さからの保護

電子メールは依然として最大の脅威媒体です。ほぼすべての組織で最も幅広く利用されているため、企業の規模やセキュリティ プラットフォームの導入方法にかかわらず、最も重要なセキュリティ課題となっています。電子メールの脅威から身を守るための最も戦略的かつ推奨されるアクションは、既存のアーキテクチャに完全に統合でき、より大規模なプラットフォームの一部として運用できるソリューションを使用することです。可視性を統合し、自動化を実現し、ネットワーク、エンドポイント、クラウド、およびアプリケーション全体のセキュリティを強化するCisco SecureXがリリースされます。

2020年6月11日

2019 年の主なサイバー脅威を振り返る

本ブログでは、シスコのセキュリティ専門家に 2019 年で最も注目した脅威と、あらゆる組織に当てはまる2020年の抱負について尋ねた結果をご紹介します。

2020年2月5日