可視化

無線 LAN ニーズ増加で運用負荷が課題に ― 病院ネットワーク管理の処方箋

病院おいて医療機器のネットワーク化やモバイルデバイスの普及が進むことで、院内のネットワーク運用はより重要性を増しています。昨今の病院におけるネットワーク運用の現状を踏まえ、それに対する有効な対策を紹介したいと思います。

2023年3月9日

Network Slicing / xHaul – シスコ 5G ショーケースで実施可能なデモ

5G の要件も含めて、さまざまな要件が重畳されるネットワークでは ネットワークをスライシングする技術が必要になる場合があります。IP ネットワークの簡素化についてシスコでは、セグメントルーティングと呼ばれる技術を提唱してきました。セグメントルーティングは、ネットワークスライシングとも親和性の高い技術であり、5G ショーケースでは MPLS および IPv6 の2つの方式でのセグメントルーティングを用いてネットワークスライシングを実現しています。

2022年4月8日

Network Slicing – シスコ 5G ショーケースで実施可能なデモ

本記事では、シスコの 5G トランスポートドメインで使用しているセグメントルーティングを用いたネットワークスライシングの概要と 5G ショーケースで公開しているデモをご紹介します。

2021年1月21日

Experience Journey Map で Web/モバイルビジネスアプリのユーザプロセスを可視化

AppDynamics の Experience Journey Map は、デジタルファースト ビジネスにおいて顧客のプロセスをエンドツーエンドで可視化できないという大きな課題に対処します。

2020年3月5日

ネットワーク内部を可視化し、異常検出を行うフロー コレクター

ルータ、スイッチで構成されたネットワーク基盤上を流れるトラフィックのパターンを「フロー」として識別し、フローごとに流量を測定する NetFlow という技術があります。以前はハイエンド機種での実装が中心でしたが、近年では、Cisco 800 シリーズのようなローエンド ルータや、Cisco Catalyst 3850/3650 シリーズあるいは Catalyst 2960-X シリーズ(一部機能制限あり)といった固定構成型の LAN スイッチでも、活用できるようになってきています。

2016年7月15日

『アイドルは探せた?』 Wi-Fi 位置情報利用実験 イベントレポート in Interop Tokyo 2013

ちょっと遅くなりましたが、今回は 6月に Interop Tokyo 2013 の展示会場で実施された、Wi-Fi サービスの位置情報分析を活用したトライアル企画の様子をレポートしたいと思います。 この企画とそのベースとなったソリューション、Wi-Fi 位置情報分析ソリューション「Cisco Connected Mobile eXperience (以下 Cisco...

2013年7月16日

Wi-Fi 位置情報を今すぐビジネスに活かしませんか?

いますぐ製品化されたシステムを使って、「位置情報」をビジネス上の戦略に活かすシステムの構築にチャレンジしたいと思いませんか? 現在、ニュースでも度々取り上げられることの多い、『O2O (Online to Offline) 』の実証実験的な取り組み。オンラインや、店舗内の顧客の位置情報と連動したクーポンやセールの情報をスマートフォンに配信して顧客に新しいエクスペリエンスを提供する一方、事業者側には、顧客の導線分析などを行うことで、用意した IT インフラを積極的に販売促進やマネタイズに利用する動きが日本国内でも加速しています。 景気回復の波に乗った攻めの事業戦略の柱として、接客を伴う小売、サービス、運輸業だけではなく、従業員の経路分析を活用した作業の効率化を求める製造業や、流通業など幅広い業種で「位置情報」の活用には、大きな期待が集まっています。 先日、シスコの東京オフィスで開催した、「Cisco Connected Mobile Experience  〜 Wi-Fi 位置情報を活用した新たな付加価値ソリューション 〜」をご説明するセミナーには、当初の定員を大きく上回る、約 100名のお客様に参加を頂き、急きょ座席を追加して対応致しました。 セミナーでは、シスコが買収した、ThinkSmart Technologies...

2013年4月2日