ホワイトペーパー

5G に関する 2 つのホワイトペーパーが公開されました!

近年、国内でも 5G サービスが順次開始され、5G に対する注目度はますますに高くなっております。そうした背景を踏まえ、シスコでは 5G に関するホワイトペーパーを、新しく 2 つ公開しましたのでご紹介いたします。

2020年11月6日

次世代 Wi-Fi 6 によってもたらされる収益化

Wi-Fi 6 のビジネスインパクトと可能性を示すことを目的とした、シスコ スポンサーのホワイトペーパー「Wi-Fi 6テクノロジー・スポットライト 」を IDC が発表。IDC は、Wi-Fi 6 技術の特徴、ユースケース、主要な展開上の考慮事項とともに、ユースケースのサンプルとして空港を例示し、ビジネスチャンスの増加を導き出し、10年間の 投資収益率(ROI)は21%に達し、導入6年目にはキャッシュフローがプラスになると結論づけています。

2020年9月9日

5G-シスコが考えるサービスプロバイダー E2E アーキテクチャ 第1章 5G 時代の無線アクセス(1)

「5G」における代表的な無線アクセス技術を紹介。5G RAN を中心に 5G RAN とのインターワークが想定される無線アクセス技術(Wi-Fi、LoRaWAN)の特徴を解説しながら、無線アクセス技術の適用領域について考察します。

2019年11月25日

Cyber Threat Alliance(CTA)による暗号通貨マイニングに関するホワイトペーパー

一部の暗号通貨は最近になって下落していますが、暗号通貨マイニング キャンペーンは依然として収益性が高い、一般的な攻撃ベクトルとして拡散しています。こうしたキャンペーンは拡散が容易なこともあり、標的マシンの処理能力を盗んで暗号通貨を生み出す手軽な方法として見なされています。

2018年10月1日

シスコのセキュリティ製品で暗号通貨マイニングを防ぐ

Cisco Talos は、サイバー攻撃による暗号通貨マイニングと、シスコのセキュリティ製品を使用してそれを防御する方法について記載したホワイト ペーパーをリリースしました。暗号通貨の価値は、大幅に変動したとは言え依然として十分に高く、攻撃者にとっても格好の標的となっています。サイバー攻撃の大半は金銭が目的であり、暗号通貨は攻撃者にとって新たな格好の標的となっています。これがクリプトジャッキングです。

2018年7月27日

ワイパー:目的達成手段としての破壊

すべてが接続されているデジタル時代においては、悪意のある攻撃者が活動するのに完璧な隙間が存在します。この数年間、組織は、様々な形で襲ってくる複数の種類の攻撃に苦しめられてきました。

2018年5月16日