ゼロ トラスト

Forrester 社のゼロ トラストか、Gartner 社のリーン トラストか

管理アプローチには、「ゼロ」という単語を含むものが数多く存在しています。配送業の「在庫ゼロ」、製造業の「欠陥ゼロ」、環境計画の「廃棄物ゼロ」などが例として挙げられます。ですから、セキュリティ業界が盛んに「ゼロ トラスト」、「ゼロ トラスト ネットワーキング(ZTN)」、「拡張ゼロ トラスト(ZTX)」といった用語を使用しても驚くことではありません。

2019年2月14日

ゼロ トラスト サイバーセキュリティ フレームワークへの移行 – 実用的なアプローチ

最初のゼロ トラスト モデルは Forrester 社によって考案され、BeyondCorp イニシアチブで Google 社によって活用されました。一方 Gartner 社は、「継続的でアダプティブなリスク/トラストのアセスメント」(CARTA)と呼ばれるフレームワークを提唱しています。

2019年2月14日

センシティブ データを扱う調査を実施する組織や、知的財産を所有する組織に、ゼロ トラスト サイバーセキュリティ フレームワークのアプローチが必要な理由

ゼロトラストの出現によって、セキュリティフレームワークの重点は、境界セキュリティから、センシティブデータの保護に移っています。両方とも非常に重要ですが、センシティブデータ重視のフレームワークへの移行にはメリットがあります。

2018年9月19日