お知らせ

Cisco Secure Email 向けの新しい SDR 機能をリリース

Cisco Talos は本日、Cisco Secure Email をご利用のお客様向けに新機能をリリースしたことを発表しました。TalosIntelligence.com から送信者ドメインレピュテーション(SDR)判定リクエストを送信いただけます。

2022年8月18日

Talos インシデント対応チームがドイツ BSI Advanced Persistent Threat 対応リストに追加

Cisco Talos インシデント対応チーム(CTIR)はこのたび、Bundesamt für Sicherheit in der Informationstechnik(BSI)Advanced Persistent Threat(APT)対応サービスプロバイダーのリストに承認済みベンダーとして掲載されました。Talos インシデント対応チームは、BSI のプロセスレビューやテクニカル パネル インタビューを受けた結果、ドイツ国内の APT 攻撃者が関与するサイバーセキュリティ インシデントに対応できることが BSI によって認められました。

2022年5月19日

Cisco Talos 電子メールステータスポータルの更新

Cisco Talos 電子メールステータスポータルが更新されました。新しい機能が追加されていて、ポータルがさらに使いやすくなっています。 

2021年8月11日

Cisco Talos のコンテンツ・脅威カテゴリリストの変更

このたび Cisco Talos のコンテンツ・脅威カテゴリリストが変更されますので、皆様にお知らせいたします。シスコの目標は、十分なインテリジェンス情報を提供することによりお客様が的確な意思決定を下し、生産性を犠牲にせずネットワークを保護できるように支えることです。今回の変更により、より多くの情報に基づいてネットワークに関する意思決定を下せるようになります。

2021年1月19日

電子メール分類の精度向上にご協力ください

E メールセキュリティ アプライアンス(ESA)またはクラウド E メール セキュリティ(CES)をお使いのお客様は、シスコの電子メールフィルタリングがもたらすメリットをすでによくご存じのことと思います。毎日、何百万通もの迷惑メールがゴミ箱へ自動的に送られています。

2020年9月9日

Cisco Talos による 「ブラックリスト」、「ホワイトリスト」の使用廃止

不平等を是正するために大切なことは、手段の大小ではなく、行動を起こすことです。そこで Cisco Talos では、小さな変化ではありますが、「ブラックリスト」と「ホワイトリスト」という用語の使用を廃止します。今後はそれぞれ「ブロックリスト(または禁止リスト)」と「許可リスト」に置き換えます。

2020年6月29日