福留 康修

国内 IT 系商社でのサポート&プリセールスエンジニアを経て、2004 年にシスコ入社。 関西・四国エリアの公共のお客様担当 SE を経験、その後西日本エリアの SE マネジャー、セキュリティ製品担当(全国の公共、文教、医療、製造を担当)を務めた後にセキュリティ製品担当BDMとして活躍中(担当製品は、Cisco AMP、Stealthwatch、Umbrella)。

シスコおよび他社の製品の経験が長く、テクノロジーとしてはコンピュータおよびネットワーク全般からセキュリティまで幅広くカバーする。

数年前から始めたマラソンが趣味で、冬はマラソンで足腰を、夏は肝臓を鍛えることを軸に日々精進している。

シスコ製品でエンドポイント セキュリティを強化し、シンプルな統合防御で脅威の阻止を可能に

企業を狙ったサイバー攻撃は毎日起きています。その中でもランサムウェアは特に大きな問題となっており、ランサムウェア攻撃の成功件数は前年比(YoY)で増加しています。

2021年12月13日

ネットワークトラフィック分析についての率直な話

Enterprise Strategy Group の調査によると、調査対象となった組織のうち、87% はネットワークトラフィック分析(NTA)ツールを脅威の検出と対応のために現在使用していると回答し、43% は攻撃を受けた際の「防衛の最前線」は NTA であると回答しています。NTA ツールの採用が進んでいる主要因の 1 つに IT の複雑化が挙げられます。インフラストラクチャは増大し、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドが広く導入されるようになりました。

2020年3月9日

Office 365 利用時に追加の電子メールセキュリティは必要ですか?

「Office 365 利用時に追加の電子メールセキュリティは必要ですか?」という質問は、お客様から最もよく尋ねられるものです。 その真意とは、「Office 365 にビルトインされたセキュリティは信頼できるか。SECURE Email Gateway などのサードパーティ製電子メールセキュリティ ソリューションは未だに必要か」という点にあります。その答えは、お客様の環境によって異なります。

2020年3月9日

Black Hat Europe 2017:SOC におけるマルウェア分析

新しい Cisco Threat Grid ダッシュボードでは、マルウェア分析と応答がより迅速に行えます。

2018年1月4日

セキュリティの最前線:Cisco AMP for Endpoints がお客様にもたらす 5 つのセキュリティ メリット

IT セキュリティ担当者は、朝起きて、コーヒーを飲んで職場に向かい、次々と押し寄せる攻撃と戦いつつ、多すぎるアラートにその場しのぎの対応をする間に毎日が過ぎているかもしれません。

2017年9月4日