内田 雅彦

1985年に日本ディジタル・イクイップメント(現・日本ヒューレット・パッカード)に入社、1994年より日本オラクルでERP製品マーケティングディレクターを務め、2004年 加コグノス社の日本地区副社長、2006年 インフォマティカ・ジャパン 代表取締役社長 2010年 ヴォコレクト・ジャパン(現・ハネウェル・ジャパン)代表取締役社長を歴任の後、2014年 アップダイナミクス ジャパン合同会社 カントリーマネージャーに就任。2017年 シスコシステムズによる同社の買収を経て現在に至る。

Cisco AppDynamics が Gartner 社の 2021 年版 Magic Quadrant のアプリケーション パフォー マンス モニタリング部門で 9 度目のリーダーに

Gartner 社の 2021 年版 Magic Quadrant のアプリケーション パフォーマンス モニタリング(APM)部門において、Cisco AppDynamics はその実行力とビジョンの完全性が評価されました

2021年4月20日

IT のパフォーマンスとオブザーバビリティ(可観測性)が 2021 年におけるビジネスの成長に不可欠な理由

2021 年は技術者にとって、キャリアを高め、IT 業界に対する認識を大きく変えることができる、またとないチャンスの年となるでしょう。そして、2020 年はかつてないほど困難で、悲劇的で、あらゆることが複雑を極めた 1 年として過去の歴史に刻まれることになるでしょう。

2021年3月16日

Kubernetes でエフェメラルコンテナを使用してユーザエクスペリエンスのシンセティックモニタリングを簡素化する方法

このドキュメントでは、クラウドネイティブで「Lambda に似た」 Kubernetes アーキテクチャを使用して AppDynamics が既存のシンセティック ユーザ モニタリングのワークロードをコスト効率の高い方法で大規模に実行するしくみについて説明します。

2021年3月9日

AppDynamics と ThousandEyes の能力を融合し、最新のデジタルエクスペリエンスをエンドツーエンドで全面的に可視化するソリューションを実現

IT 環境の範囲は果てしなく拡大を続けているため、環境の可視化能力もそれに応じて増強していく必要があります。そのような可視化が、AppDynamics と ThousandEyes によってどのように実現されるのかをご説明します。

2020年11月12日

組織にとって最適なアプリケーション パフォーマンス モニタリング ツールを選定するための手引き

多すぎる APM ツールと、少なすぎる実践可能な分析情報に翻弄されていませんか? 多数のモニタリング製品をわずか 3 つにまで削減できる方法があります。ここでは、削減に向けて最初に検討すべき事項をご紹介します。

2020年10月13日

エンド ユーザ エクスペリエンス モニタリングがIT 部門の成功に欠かせない理由

ユーザエクスペリエンスをエンドツーエンドでモニタリングすることで、利用者の視点からアプリケーション パフォーマンスに関する的確な分析情報が得られます。

2020年10月8日

アプリケーション パフォーマンス モニタリングとは

企業の IT 運用のパフォーマンスに対して責任を負う立場にある方は、ぜひこのガイドでアプリケーション パフォーマンス モニタリング(APM)のメリットをご確認ください。

2020年10月8日

認知エンジンで AIOps にアプリケーション インテリジェンスを統合

AppDynamics は認知エンジンを組み込むことで、APM の機械学習と自動化を進化させ、修復や最適化にかかる時間の大幅な短縮を可能にしました。

2020年10月8日

AppDynamics が AWS Outposts Ready 認定を取得

AppDynamics はこのたび AWS Service Ready プログラムにおいて Outposts Ready 認定を新たに取得しました。この認定がお客様のビジネスにもたらすメリットをぜひご確認ください。

2020年10月6日

クラウドアプリケーションの実行に関して明確な方針を立てる際に、APM を役立てる 7 つの方法

クラウドにスムーズに移行したいとお考えですか?この記事では、移行の成功に向けて明確な方針を立てるために、移行の前と後に何をすべきかについて詳しくご紹介します。

2020年9月23日