張川 業誠

2006 年にシスコ入社。シスコアジアパシフィックリージョンの社内金融システム(HR、ファイナンス、購買、税務)の管理を行う IT マネジャーを務めながら、日本や中国、韓国マーケットのお客様ケアや営業支援に注力。IT トップ スピーカーとして、累計 300 回以上の Cisco on Cisco 講演をシスコのお客様やパートナー様に提供してきた。シスコ IT パートナシッププログラムのリーダーを務め、シスコ IT ガバナンス始め、IT サービス管理、データセンター、マルチクラウド、サイバーセキュリティ、ネットワーク、ワークスタイル、IT 人材マネジメントなど、多岐に渡るITトピックの教育と体験をお客様に提供してきた。他に、シスコ SPPC(セキュリティ&プライバシー保護委員会)委員長を務め、シスコジャパンの情報セキュリティ管理や、ISO27001 認証審査を対応。シスコアジアパシフィックリージョンの全IT組織に唯一シスコセキュリティブラックベルト(黒帯-最高レベル)を認定されている情報セキュリティの専門家。

シスコ入社する前は、IBM ジャパンの IBM ファイナンス システム マイグレーションを担当。さらにその前は、東京三菱銀行の情報システムIT担当を務めていた。

大学は上海同済大学のコンピュターサインスを専攻。青山学院大学院の経営学修士を取得。

シスコに置けるフルスタックオブザーバビリティの社内運用事例

効率な IT テクノロジの健全性マネジメントにはシステム全体の可視性構築が肝心なります。本ブログはそのフルスタックオブザーバビリティの構造概念とシスコ社内の運用実例を紹介します。

2022年1月11日

Post COVID 新しいノーマルでの IT とセキュリティの考え方

コロナ以前への完全復活は、2021 年度になってもグローバル規模で考えにくい状況です。Post COVID における企業や個人がどう活動すべきかのヒントとなる新しいノーマルでの IT とセキュリティについて、リモートワークや物理オフィス、ゼロトラストセキュリティ等の事例も交え説明します。

2021年1月4日

シスコITがビジネス経営をサポートする

近今ビジネスの変化に迅速に対応できるようなITインフラのトラスフォメーションが求められるケースが増えてきており、お客様のITトップから様々の質問やIT要件の相談がシスコに寄せてられてきています。今回2019年のシスコITパートナーシッププログラムとシスコライブの組み合わせプランを紹介させて頂きます。

2020年1月8日

シスコ IT インターンシップ プログラムはお客様の成功に貢献する

シスコ IT インターシップ プログラムは、シスコのお客様またはパートナー企業から従業員(多くの場合は経験豊富な従業員またはマネージャ レベルの従業員)を指名し、これらの従業員にシスコの契約社員としてシスコ社内で一時的に入社してもらうプログラムです。

2018年12月12日