Categories: 働き方改革

シスコ派遣記 Season6 EP3 – 働きがいとは?働きやすい職場環境とは?1年間の派遣を終えて

北海道庁派遣の北山です。

昨年 4 月から自治体職員としてシスコに勤め早1年が経ち、3 月 31 日をもち派遣解除となりました。

保守的と言われがちな公務員と比較すると、多様性を認め合う企業風土(Open, Flexible, Collaborative)が特徴のシスコは、社員一人ひとりが明るく、前向きな印象を受けます。他業種の働き方を知ることが出来、改めて貴重な 1 年間でした。この場を借りて、特別な機会を与えてくださった関係者の方々に、感謝申し上げます。

 

私はこの 1 年間、8 割以上がテレワークでの勤務でした。

オフィスに行かないことに始めは戸惑うことばかりでしたが、今では当たり前の「働き方」として受け入れています。気分転換に電源と Wi-Fi 利用可能なカフェで仕事をする、なんてこともありました。

新しいルールや価値観に不安になることも多かった反面、同じだけ新たな発見(=場所や時間に捉われない flexible な働き方)に出会うことができました。

 

いま、地方公務員の働き方の見直しが、DX 化が急速に進んでおり、他自治体同様、北海道庁でもめまぐるしくシステム面が変化しています。

新しいツールが導入されると、慣れておらず、どうしても業務に支障が出てしまう、なんてこともありますが、「習うより慣れよ」という言葉があります。

私はこれまで、デジタルに関するノウハウは全くありませんでしたが、シスコで最先端のテクノロジーに出会い、活用することにより違和感なく、日々の業務にあたることができました。

まさしくこの 1 年間は、この言葉を体現することができました。

この経験を持ち帰り、今後の職務に少しでも多く活かすことができればと思います。

東京ミッドタウンオフィスからの眺望

北山 若奈

2021年4月より北海道庁からシスコシステムズへ派遣。北海道庁では保健福祉行政、男女平等参画、DV被害者支援や「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産推進といった業務に従事。

シスコでは公共事業事業推進本部にて、自治体等への「働き方改革」関連の提案やリレーション構築等の業務に関与。