Cisco Crosswork Network Automation 入門ガイド: 概要

概要

シスコがサービスプロバイダ向けネットワーク自動化ポートフォリオ Cisco Crosswork Network Automation の提供を発表したのは 2018年2月のことでした。それから3年の間、Crosswork は着実に進化を遂げ、多くのユーザにご利用いただいています。

発表した当時  5 つだった Crosswork アプリケーションは執筆時点で 8 つに拡大し、適用できるユースケースを広げています。また、個別のアプリケーションを統合的に運用できる Crosswork Infrastructure プラットフォームの仕組みが完成し、IP トランスポート SDN コントローラとして Crosswork Network Controller (CNC) ターンキーソリューションの一般提供を 2021年4月に開始しました。

さらに 2021 年6月には Sedona Systems の買収が完了し、同社の IP・光伝送統合管理ソフトウェアだった NetFusion を Crosswork のポートフォリオに組み込み Crosswork Hierarchical Controller (HCO) 階層コントローラとして販売を開始しました。HCO は、シスコがネットワーク インフラの次なる革新として取り組んでいる Routed Optical Networking (RON) を推進する上で欠かせないピースでもあります。

このように進化を続ける Cisco Crosswork ポートフォリオですが、短い期間に拡大・進化・買収が続いたことで、次のような声も聞こえてくるようになりました。

「それぞれの Crosswork アプリは、どのようなユースケースで活用できるのか?」

「いまのネットワーク運用の悩みや課題に対して、どのソリューションが最適なのか?」

「Segment Routing や RON などネットワークインフラ側の刷新に合わせて、どの Crosswork アプリケーションを検討すればよいのか?」

そこで本ブログシリーズでは「Crosswork 入門ガイド」と銘打って、Cisco Crosswork の全体像と各アプリケーションがカバーするユースケースについてご紹介していきます。単なる製品紹介でなく、ユーザにとって最適なソリューションを見つけるお手伝いをすることを目的としています。

なお、本ブログシリーズでの製品紹介と並行して、当社のエンジニア陣が Crosswork についての技術サポート記事をシスコ コミュニティに投稿していく予定です。ぜひそちらも合わせてお楽しみいただけたら幸いです。

Share
佐々木 俊輔

2008 年にシスコ入社。

サービスプロバイダー担当のアカウント SE として7年間、モバイルネットワーク、データセンター、法人ネットワークなど様々なお客様・部署へのプリセールス活動に従事。その後、シスコの買収した製品群に合わせてNFV / SDN / Automation 領域での知識を活かした経験を積み、サービスプロバイダ部門全般を担当するアーキテクトとして活動中。

学生時代は地球惑星物理学を専攻、物理現象のコンピュータモデリングとシミュレーションに取り組む。

最近の趣味はロードバイク。