Categories: Cisco DevNet

DevNet Create に登録する:トップ3の理由

この記事は、Cisco MarketingのProject Manager である Janel Kratky によるブログ「Register for DevNet Create: Top 3 Reasons Why」(2021/8/24)の抄訳です。

DevNet Createは、長年にわたって成長し変化してきたシスコのデベロッパーカンファレンスです。 今年は5年目で、世界中から、各地域のユースケース、デモ、ストーリーを2日間にお届けできることを嬉しく思います。DevNet Createでは、アプリケーションデベロッパーがアプリやインフラストラクチャについて学習したり、共同作成したりできるカンファレンスです。

今年のDevNet Create 2021 に参加すべき理由のトップ3を紹介します。 また、3つ以上の理由が必要な場合は、このスナックミニッツのビデオインタビューをご覧ください。ここでは、私たちが取り組んでいることをさらに共有しています。

では、シスコデベロッパーカンファレンス、DevNet Createについて、主な理由をカウントダウンで説明します。

Top 3 :  Devvieに一人で世界中を旅させないでください!私たちはグローバルで活躍するデベロッパーの皆さんを念頭に置いて2日間のイベントで計画しました。皆さんの都合の良い地域のイベントに参加してください。今年のDevNet Createは、AMERICAS(10月19〜20日)で始まり、APJC(10月20〜21日)、EMEAR(10月20〜21日)へと移動します。 コミュニティのエキスパート達が、アプリケーションを構築する際のデザイン、ユーザーエクスペリエンス、APIへのアプローチ方法を一般的なユースケースや、デベロッパーのストーリーやアイディアをもとに紹介します。また、パフォーマンスとセキュリティを向上させるためのヒントの共有、クラウドファーストになるようにアプリケーションを設計する方法を学びたいですか? 私たちはそれら、またそれ以上のものを用意しています。

Top 2:キラーコンテンツと素晴らしいコミュニティは無料です!DevNet Createは単なるカンファレンスでなく、コミュニティです。ソフトウェア開発、優れた技術、クラウドインフラストラクチャ、インフラストラクチャ自動化分野の幅広いトピックについて他参加者から学ぶ絶好の機会です。専用のWebexスペース、Q&A、ソーシャルチャネルを通じて他の人とつながることができます。Cisco APIを使用するためのベストプラクティスを見つけ、実際のユースケースを確認し、ツール、テクノロジー、およびサンドボックスを効率的に使用する方法について学びます。インフラストラクチャデベロッパーは、Network Services Orchestrator (NSO)、DevOps、Infrastructure as CodeSecure Access Service EdgeFull StackObservability(日本語)などの最先端のトピックを探索できます。今後追加されるAgendaも楽しみにしていてください。

Top1:私たちはお互いに学びあいます。私たちやコミュニティの他の人々がTechfor Goodをどのように使用しているかについてのアイデアに加えて、各地域からの直接的な洞察をお届けします。

これらのセッションをチェックしてください:

  • PostmanのHannahNeilによるAPIライトニングトークを介してLGBTQ +コミュニティをサポートするための招待状。Postmanがコレクション、APIリクエストのグループ、APIを使用して安全なバスルームを見つける方法を示す例、LGBTQ +の問題に関するポリシーを理解するなど、共同のパブリックワークスペースを作成した方法を学びます。
  • Tech for Good:テクノロジーは将来の職場での偏見をなくすのに役立つでしょうか? シスコのEmergingTechnology&IncubationのVPであるAl Lynnより、テクノロジーが将来の職場の偏見をなくすのにどのように役立つかについて概説します。
  • HMCのTadeh Hakopianと共に、新しい学習者や、技術的なバックグラウンドを持たない人が簡単に始めるための簡単な方法として、コードを適用する視覚的な手段を紹介する ”計算デザインの指導とバイアスの削減におけるビジュアルの重要性”(The Importance of Visuals in Teaching Computational Design & Reducing Bias」

DevNet Createイベントは無料開催として、コミュニティに恩返しできることを嬉しく思います。今年の新しい試みとしては、DevNet Create BrightFundへ寄付することができます。

STEM教育の還元とダイバーシティと促進のため、DevNetチームと行動を起こしてください。グローバル教育を通じて人種差別と不当な扱いを終わらせるために、すべてのデベロッパーを祝福し力を与えるために参加してください。

 

DevNet Create 2021の登録はこちらから

早めにご登録いただいた方には、フーディーのプレゼントがあります!

会場でお会いしましょう!

 

岡 邦子

2005 年シスコシステムズに入社。シスコ技術者認定および認定トレーニングのビジネスデベロップメント、フィールドマーケティング担当を経て、2021年3月よりDevNetマーケティング担当。このブログでは、Developer Blogの翻訳を中心にお届けます。