Categories: 脅威リサーチ

注目の脆弱性:WebKit WebAudio API で確認されたリモートコード実行の脆弱性

WebKit ブラウザエンジンの WebAudio API インターフェイスには、リモートコード実行の脆弱性が含まれています。悪意のある Web ページ内のコードにより解放済みメモリ使用(use-after-free)エラーが引き起こされ、任意コードを実行される危険性があります。攻撃者は、ユーザを騙して細工された Web ページにアクセスさせる方法でこの脆弱性をエクスプロイトします。

Cisco Talos は情報開示方針に従って WebKit と協力し、今回の脆弱性が解決済みであり、影響を受けた利用者向けにアップデートが利用可能であることを確認しています。

脆弱性の詳細

Webkit AudioSourceProviderGStreamer に起因する解放済みメモリ使用 use-after-free)の脆弱性(TALOS-2020-1172/CVE-2020-13558

Webkit WebKitGTK 2.30.1 の AudioSourceProviderGStreamer 機能には、コード実行の脆弱性が存在します。巧妙に細工された Web ページにより、解放済みメモリ使用 (use-after-free)状態が引き起こされる可能性があります。

脆弱性に関する詳細は、アドバイザリ全文をご覧ください。

脆弱性が確認されたバージョン

Talos は検証により、Webkit WebKitGTK バージョン 2.30.0 がこの脆弱性の影響を受けることを確認済みです。

カバレッジ

脆弱性のエクスプロイトは、以下の SNORTⓇ ルールで検出できます。今後、脆弱性に関する新たな情報が追加されるまでの間は、ルールが追加されたり、現行のルールが変更されたりする場合がありますのでご注意ください。最新のルールの詳細については、Firepower Management Center または Snort.org を参照してください。

Snort ルール:56126 〜 56127

 

本稿は 2021 年 03 月 03 日に Talos Group のブログに投稿された「Vulnerability Spotlight: Remote code execution vulnerability in WebKit WebAudio API」の抄訳です。

 

TALOS Japan

Talos は、ネットワーク脅威の専門家集団です。Talos が提供する脅威インテリジェンスの情報は、既知および未知の脅威からお客様のネットワークを保護するためにシスコのセキュリティ製品によって活用されています。