全世界の学生が競う CCNA コンペティションの日本予選!

8月23日(土)、Cisco Networking Academy が全世界で実施する CCNA のコンペティション「NetRiders 2014 CCNA Competition」の日本予選が行われました。

この日本予選は、シスコが賛助会員として参加しています ICT 教育推進協議会が主催する「ICT トラブルシューティング コンテスト」の優秀チームと ICT 教育推進協議会が推薦するチームが参加するものになります。

参加校は以下の4校です。

  • 専門学校穴吹情報公務員カレッジ
  • 大阪工業大学
  • 帝塚山大学
  • 日本電子専門学校

会場はシスコ東京本社、シスコ大阪オフィス、専門学校穴吹情報公務員カレッジを Cisco TelePresence と WebEx で繋ぎ、相互に顔が確認できる状況のもとで行います。試験は学術試験とパケット トレーサー試験の 2種類ですが、全て英語で書かれ、また、問題も総合問題となっています。
学生たちは頭をフル回転させながら、問題と格闘していました。

コンペ終了後、英語力不足を反省する姿が見受けられました。これからのネットワークエンジニアは英語が必須になるかもしれませんね。

今年は日本電子専門学校チームが優勝し、10月23日に行われます国際コンペの参加権を獲得しています。NetRiders 国際コンペ(APAC Competition)は10月23日にシスコ本社にて行われます。

日本は今年が初参加ですが、毎年実施していますので、来年はより多くのアカデミーに参加いただきたいと思います。

 

秦 昇

1996年よりマーケティング職、営業職に従事

2014年 シスコ入社

シスコ ネットワーキング アカデミーのスタッフとして、シスコの CSR(企業の社会的責任)事業やネットワーキング アカデミーの運営に従事。

将来の ICT 業界を担う学生の育てるべく精力的に活動中。