Cisco Jabber for Mobile 10.5 : 新機能のご紹介

iPhone, iPad Android 向けのコラボレーション クライアント「Cisco Jabber for iPhone and iPad 10.5」と Android 向けの「Cisco Jabber for Android 10.5」がリリースされ、 iTunes App Store Google Play に公開されました。今回は、その新機能をご紹介します。

今回のリリースで機能が加わったエリアは下記の 5 点です。

  • サポートデバイスの追加(Android)
  • デザインの改善
  • ユーザー管理
  • 電話機能(HD 通話は iPhone および iPad のみ)
  • 連絡先

このうち、サポートデバイスの追加は Cisco Jabber for Android、HD 通話のサポートは Cisco Jabber for iPhone and iPad の追加機能です。それ以外は共通の機能追加となりますので、まとめてご紹介します。

サポートデバイスの追加(Android のみ)

サポートデバイス

シスコは下記のデバイスで音声、ビデオを検証し、サポートしています。(日本国内で入手できるものを抽出しました。)

  • Samsung Galaxy SIII (Android OS 4.1.2 – Android OS 4.4 )
  • Samsung Galaxy S4 (Android OS 4.2.2 – Android OS 4.4 )
  • Samsung Galaxy S5 (Android OS 4.4.x)
  • Samsung Galaxy Note II (Android OS 4.2 – Android OS 4.4 )
  • Samsung Galaxy Note III (Android OS 4.3 – Android OS 4.4 )
  • Google Nexus 5 (Android OS 4.4.x)
  • Google Nexus 10 (Android OS 4.4.x)
  • Sony Xperia Z1 (Android OS 4.2 to Android OS 4.4 )
  • Sony Xperia A (Android OS 4.1.2 to Android OS 4.4 )
  • Sony Xperia Z2 (Android OS 4.4.x)
  • LG G2 (Android OS 4.2.2 – Android OS 4.4 )

Cisco Jabber for Android 10.5 では、下記のスペックを満たすAndroid デバイスで IM & Presence のみをサポートしています。

  • Android OS 4.1.2 – 4.4.x
  • 1.5 GHz dual-core 以上
  • ディスプレイ解像度 320 x 480 以上

正式サポートではないですが、ディスプレイ解像度が 480 x 800 以上であれば、音声・ビデオが動作します。

タブレット UI のサポート

Cisco Jabber for Android 10.5 から Android タブレット をサポートしています。タブレット上で Cisco Jabber for Android をインストールすると、ユーザ インターフェイスが最適化されます。

 

ちなみに、Cisco Unified Communications Manager 上では 3G/4G 機能付きのタブレットは BOT デバイス(Dual Mode Phone)、WiFi のみのモデルは TAB デバイス(Tablet、Cisco Jabber for iPad と同じ)として認識されます。したがって電話番号を持つタブレット デバイスの場合、Cisco Unified Communications Manager のシングル ナンバーリーチ(内線番号着信時に携帯にも同時着信)機能を使うことで、Cisco Jabber for iPhone and iPad が利用可能なときには内線番号、そうでないときのみ携帯電話番号に着信させるといった設定ができます。

Android Runtime (ART) サポート

Android OS 4.4 で試験導入された新たなランタイム環境「ART(Android Runtime)」をサポートしています。今までの Dalvik ランタイムから ART ランタイムに変更することによりアプリケーションの最適化が期待できます。なお、今現在は開発者向けオプションとして一部の Android でのみ利用可能です。

デザインの改善

Cisco Jabber for iPhone and iPad と Cisco Jabber for Android が統一感のあるデザインに変更されました。以前、ブログでご紹介した Cisco Jabber for Android 9.6 はグレー色調でしたが、このリリースから青基調です。これによりデバイス間の移行時にある「違和感」がなくなりました。

ユーザ管理

シングル サインオン

SAML 2.0 によるシングル サインオンに対応しました。  モバイル上のアプリケーションからサーバへの認証を簡単にすることができます。

Ping Federate 、Microsoft Active Directory Federation Services(ADFS)、Open Access Manager(OpenAM)をサポートしています。

利用調査

Cisco Jabber for Android 利用者からのフィードバックを直接シスコに送信することができます。この機能は、管理者によってオフに設定することもできます。ぜひ、率直なご感想をお聞かせください。

電話機能

HD 通話(iPhone/iPad のみ)

帯域が 1MB 以上利用可能なときに、高品質のビデオ HD(1280 x 720)で通話できます。HD をサポートするデバイスは iPhone 5S 、 iPad Air、  iPad mini Retina ディスプレイ モデルです。

ハント グループ

代表番号を使って複数の電話が着信するハント グループに対応しています。着信時のポップアップには、”For” に 代表の情報(名前/ハントパイロット番号)が表示され、ハント グループによる着信であることが把握できます。

Cisco Unified Communications Manager のハント グループは、設定の順番に常に着信する Top Down、最後に着信した電話機から順に着信する Circular、最も利用していない電話機から着信する Longest Idle Time、同時に全ての電話が着信する Broadcast の4つのアルゴリズムで利用できます。用途に応じて選択してください。

セルフビュー

ビデオ通話中に利用者が映るビデオの表示を移動したり、隠すことができます。

 

シェアドライン

同じ電話番号を 複数の電話機に割り当てることをシェアド ラインと呼びます。Cisco Jabber を含む共通の電話番号を持つ他の電話機が通話を保留すると、Cisco Jabber 上に保留中であることが表示されます。復帰ボタンを押すことで、Cisco Jabber  で通話を続けることができます。

 

例えば、デスクで固定の電話機を使って電話をしているとき、通話中にも関わらず移動しなければならなくなったら、一度電話を保留状態にしておき、その通話を Cisco Jabber で取得して通話を継続することができます。

IM なし(Phone Only)モード

IM サービス(IM & Presence または WebEx Messenger)なしで、ソフトフォン単体として展開するモードです。 Cisco Unified Communications Manager から IM サービスを外すと、このモードになります。

これを設定するには、[ユーザ管理] から [プレゼンスユーザの割り当て] を選び、表示された画面でユーザを選択します。「選択されたユーザの割り当て」から、未割り当てを選択すると、Phone only モードになります。

これにより、 呼制御サーバだけが利用可能な Cisco Jabber の旧製品、 Cisco Jabber Voice for iPhone、Cisco Jabber Video for iPad、Cisco Jabber Voice for Android から、Cisco Jabber for iPhone and iPad および Cisco Jabber for Android に移行できます。

連絡先

Active Directory Lightweight Directory Service(AD LDS)

ディレクトリ参照元として、AD LDS サービスが選択できます。ディレクトリの大規模展開時に役立ちます。

検索最小文字数設定

検索ボックスに入力時の検索が始まる最小文字数を設定できます。(デフォルト3文字)

jabber-config.xml に下記の設定を追加します。

<MinimumCharacterQuery>1</MinimumCharacterQuery>

リセット

各種設定情報を簡単にクリアする機能です。ユーザを変更するデモや検証環境で役に立ちます。

まとめ

Cisco Jabber for iPhone and iPad 10.5、Cisco Jabber for Android 10.5 の機能や使い勝手はほぼ共通で、展開時にも管理者や利用者がスムーズに移行できるようになりました。また Cisco Jabber for Android のビデオ通話をサポートするデバイスの種類も増えましたので、ぜひこの機会にモバイル向け Cisco Jabber をお試しください。

 

参考リンク

 

岩岸 優希

ソリューションズ システムズ エンジニアリングに所属するテクニカルソリューションズアーキテクト (TSA)。Cisco Unified Communications Manager および Cisco Jabber などのコラボレーション製品を担当。

シスコへは 2001年 4月に新卒として入社。日本市場向け製品開発を主としたアライアンスによる共同開発、VoIP 相互接続などに携わった後、現在はソリューション開発を担当。

誰も触っていない新しいソリューションに挑戦することがモットー。

北海道出身、大学では応用数学を専攻。趣味は中国語会話、東直己さんの小説を読むこと。

Blog アドレス : http://cs.co/yiwagish

テクニカルソリューションズアーキテクト(TSA)についてテクニカルソリューションズアーキテクト(TSA)とは、シスコの中で技術系のスペシャリストとして

認定されたシステムズエンジニアにのみ与えられる称号です。

TSA はそれぞれが専門とする技術領域を持ち、高度化・複雑化するお客様のシステムの提供に貢献するのみならず、

課題解決に役立つ先進的なアーキテクチャを構築、シスコパートナーエンジニアとともに業界内外へ展開することを目指している技術者達です。