Cisco Japan Blog

HRM

  • HRM

    オープン ネットワーキングでサイロ型システムを取り払う ― シスコ キャリア EXPO

    - 7月 28, 2016

    ことのはじめは、私が所属する人事(HR)チーム内での会話でした。 シスコには、「People Deal」と呼ばれる、社員が新しい働き方のもとで成長していくためのイニシアティブがあり、「Connect Everything, Innovate Everywhere and Benefit Everyone(あらゆるものをつなぎ、イノベーションを起こし、それを全員に還元する)」ための取り組みを続けています。この People Deal の価値や取り組みを、人事として日本でのキャリア デベロップメントに連携させることはできないか?というアイデアです。社員と情報、それを活かすチャンスをさらに連携させ、シスコでのキャリアを成功させる追い風になるようなこと―キャリア デベロップメントを通してビジネス ゴールも達成できるような、オープンで柔軟な環境をもっと促進したい、そのために何ができるだろうか?こうしたディスカッションが、日本で初めての取り組みとなる「ジャパン シスコ キャリア EXPO」開催のきっかけとなりました。 イベントは 2 日間にわたり開催されました。初日は、シスコの東京オフィスから中継し、朝から「自身のキャリアにオーナーシップを持つ」「社内の人事システムを活用したキャリア アップ」など、さまざまなプレゼンテーションを行いました。 午前中のプログラムのハイライトは、5 名のシスコ社員が登壇したパネルディスカッションでした。それぞれ異なる部署に所属し、さまざまな背景を持っていますが、共通した意見は「キャリア形成の成功に王道はない」ということでした。人それぞれ、自分に合ったキャリア形成の方法があり、それを見つけて行くことが必要、ということですね。 クロージング セッションには、社長の鈴木みゆきが登壇し、これまでのキャリアの道のりを語り、午後のセッションへのバトンタッチとなるキャリア形成に欠かせないネットワーキングについて共有しました。 さまざまな国からきた社員が働く多様性のある組織では、同じフロアで働いていても、縦割り行政、いわゆるサイロな環境となってしまうこともあります。午後のプログラム「breaking silo networking afternoon(サイロを取り払ったネットワーキング)」では、社内の全ての部署が会議室を利用してブースを設け、社員が自由に興味のあるブースを訪れてコミュニケーションを持つ、という場を設けました。これは、「arrive

    続きを読む
    タグ